全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

来年はリレーを 諏訪地域22日一斉にのろし

8月の「狼煙リレー」では諏訪地方で唯一、岡谷市の花岡公園で発煙筒を使ってのろしを上げた=8月29日

下伊那、上伊那、諏訪をのろしの煙で結ぶ「狼煙リレー」を実施する住民グループ「武田信玄狼煙会」の諏訪支部は22日正午、諏訪地域の7カ所と山梨県北杜市の1カ所でのろし上げを一斉に行う。新型コロナウイルスの影響で諏訪地方では実施の調整がつかなかった地点があるため、リレーとはいかないが、一時は中止の可能性もあっただけに関係者は「ぜひ成功させたい」と意気込んでいる。

狼煙リレーは8月29日に下伊那郡根羽村から岡谷市湊の花岡公園までつなぎ、下諏訪町の桜ケ城跡で煙を確認した。今回は桜ケ城跡、諏訪市の大見山展望台、桑原城跡、武居城跡片山展望台、茅野市の上原城跡、小泉山山頂、富士見町の富士見高原リゾート創造の森望郷の丘展望台、北杜市白州町の中山砦跡で上げる。例年行っている諏訪市の有賀城跡、茅野市の鬼場城跡など7カ所では実施を見送る。

諏訪支部の秋山大一支部代表は「今年はリレーという形は難しく、のろしを上げる場所で行われるイベントも自粛するが、来年ののろしリレーにつながるように取り組みたい。自宅などから煙が立ち上る山を眺めてもらえたら」と話していた。

のろしは古くから緊急連絡のための通信手段として用いられてきた。戦国武将の武田信玄は京へ上る足場として南信州各地にのろし台を築き、一大伝達網を築いたとされ、現在の下伊那郡根羽村から甲府市まで約2時間で情報が伝わったと言われている。

同会は山梨県側の関係者とも協力し、信玄生誕500年に当たる来年、愛知県境にある根羽村の杣路峠から信玄が本拠地を置いた甲府市までつなぐのろしのリレーを計画している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク