全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

児童が町長に提言 竹富町の3校児童

提言を発表した後、議員や町職員らと、ふるさとづくりに決意を新たにする児童ら=8日午後、竹富町議会議場

 県の2017年度沖縄離島体験交流促進事業(離島版)を通して考え、話し合った西表島の将来像や実施してほしい取り組みを提案する町長提言発表会が8日午後、竹富町役場内の議会議場で開かれた。大原小学校(新里勲校長)と西表小学校(宮城弘之校長)、白浜小学校(重信知雅子校長)の5年生計19人が西大舛髙旬町長や新博文議長、仲田森和教育長らを前に堂々と発表し、「海はきれいなままがいい。自然がいっぱいのままがいい。笑顔いっぱいで過ごしていたい」と、ふるさとへの思いを伝えた。  同事業は、県内離島の児童らが各島々を行き来し、互いの島の良さを再認識するもの。3校の児童らは宮古島で講演・ワークショップに参加したのち、ことし7月に伊良部島と池間島に分かれて民泊し、農漁業などを体験した。  西表小の男子児童2人は、島の希少野生動植物の豊かさに着目。自然環境保全に向けたロボット開発「パーフェクト・ネイチャー・ディフェンス(P・N・D)ロボ」を発表し、▽森を観察する監視カメラ付きの目▽種を植えながら歩く足▽肥料をまく手|など特徴を解説した。  このほか、イリオモテヤマネコ型の公園や自然を間近で味わえるホテル、動物と触れ合えるトンネル、セマルハコガメをモチーフにした特産品クッキーなど、独創性あふれるアイデアを次々と提言した。  西大舛町長は「貴重な経験をしてきた皆さんから、西表島の自然をいかに守るかの強い思いを受け取った」と感謝。  大原小の交通グループが提言したガラス張りの水中道路案に触れ、「上原と鳩間島を水中道路でつなぐことができたらと同じく考える。みんながおじいちゃん、おばあちゃんになっても、この島が良いと思えるような町づくりに取り組みたい」と述べた。  司会・進行役を務めた大原小の平川楓大君(11)は「少し緊張したが、スムーズにできた。(体験交流で)他の島にも西表にも良いところがあると知ることができた」と達成感をにじませた。

関連記事

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク