全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺・弁慶映画祭 オンラインで表彰式 最優秀は「愛のくだらない」

オンラインで開かれた「田辺・弁慶映画祭」の表彰式で、喜びの表情を見せる野本梢監督

 第14回「田辺・弁慶映画祭」(実行委員会主催、紀伊民報など協賛)最終日の15日、コンペティション部門の表彰式がオンラインで開かれた。最高賞の弁慶グランプリには、野本梢監督の「愛のくだらない」が輝いた。

 「愛のくだらない」は、地方テレビ局のアシスタントプロデューサーとして働く女性が主人公。同居中の恋人との生活に疑問を持ち、別れようとした矢先に「俺、妊娠した」というあり得ない言葉を掛けられる。それを境に公私の歯車が狂い始めて…というストーリー。  野本監督は「主人公が間違いながら成長していく話。人は間違ってもまたチャンスがあるということを認められたのかなと、とてもうれしい気持ち」と喜びを語った。
 今年の弁慶映画祭は、新型コロナウイルス感染症の影響で初のオンライン開催となった。新人監督が対象のコンペ部門に123作品の応募があり、その中から入選8作品を13、14の両日に公式ホームページ上で上映した。15日の「見逃し配信」も含め、延べ視聴数は2644人だった。
 キネマ旬報社顧問の掛尾良夫さんら特別審査員のほか、全国から公募したキネマイスター審査員、一般の視聴者らが審査した。掛尾さんは「コロナ禍ということで応募数は例年よりも少なかったが、レベルは非常に高かった」と講評した。
 グランプリ以外の受賞は次の通り。
 映画・com賞=「愛のくだらない」(野本梢監督)▽TBSラジオ賞=「親鳥よ、静かに泣け」(三浦克巳監督)▽キネマイスター賞=「偽神」(小川深彩監督)▽観客賞=「マイライフ、ママライフ」(亀山睦実監督)▽俳優賞=礒部泰宏「いる」

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク