全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

デジタル化推進に4者連携 酒田市とNTT2社、公益大が協定結ぶ

 行政サービスなどに関してデジタル変革(DX)を推進している酒田市は11日、NTTデータ(東京都江東区)、NTT東日本(東京都新宿区)、東北公益文科大(酒田市)とDX推進に関する連携協定を締結した。4者が連携し市民サービスの向上、地域課題の解決、デジタル「人財」の育成などを図っていく。

 市は現在、行政サービス、庁内事務、地域社会の3項目に関してDXを推進。先月には企画部企画情報課内に専門部署となる「デジタル変革戦略室」を新設。同市出身でNTTデータ社長を務める本間洋氏(64)を、推進リーダーとなる「最高デジタル責任者(CDO)」に登用した。

 人口減少や少子高齢化の進展に加え、新型コロナウイルス感染症の影響で大きな変革期を迎える中、市は今回、総合計画で掲げている「賑(にぎ)わいも暮らしやすさも共に創(つく)る公益のまち酒田」実現に向け、NTTデータ、NTT東日本、公益大がそれぞれが持つ強みを生かした協力体制を構築することでDXを進めようと協定を結ぶことにした。

 市庁舎で行われた締結式では、丸山至市長と本間社長、NTT東日本山形支店の渡会俊輔支店長、公益大の神田直弥学長が、それぞれが手にしたタブレット端末に映し出されたファイルに電子署名した。

 丸山市長は「劇的にDXに舵を切る絶妙のタイミングで、良いチャンスと捉えている。酒田のサステナビリティ(持続化)に大きな役割を持つ協定と確信している」、都内からリモートで臨んだ本間社長は「ぬくもりある、便利で使いやすいサービスを提供したい」、渡会支店長は「強みを生かし、地域課題の解決に取り組みたい」、神田学長は「人財育成に向け、2つの専門を学ぶ『ダブルメジャー制』、大量のデータを分析する力を養う『データサイエンス』を学内で取り入れる」とそれぞれあいさつした。

電子署名したタブレット端末を披露する(左から)丸山市長、本間社長、渡会支店長、神田学長

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク