全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

名古屋から白浜へ チャーター便で日帰り旅

フジドリームエアラインズの飛行機。同社の機材はカラフルな色合いで知られ「14、15日は何色になるか楽しみにしていて」と担当者は話す=2019年11月、和歌山県白浜町で

 愛知県の名古屋空港から和歌山県白浜町の南紀白浜空港に14、15日、日帰りの観光客を乗せたチャーター便が就航する。新型コロナウイルスの影響で機材繰りに余裕が生じたことで実現した。地域活性化にも取り組む白浜空港の運営会社の南紀白浜エアポートは「新しい旅の形になる」と歓迎している。

 静岡市の航空会社「フジドリームエアラインズ」(FDA)が運航する。FDAは例年、全国の地方空港を結ぶ形で千便超のチャーター便を運航しているが、日帰りツアーは初めてという。旅先で楽しめる時間を確保でき、かつ陸路だと日帰りしにくい場所として白浜を選んだ。FDAは名古屋を拠点にしている。
 今回、旅行会社が主催する白浜への日帰りツアーには計約200人が乗る予定。当初は14日だけだったが、すぐに売り切れたため、急きょ15日を追加したが、同日分も売り切れたという。
 FDAでは「想定を上回る売れ行きで驚いている。頻繁にはできないかもしれないが、日帰り旅行(にチャーター便を使う)という新たなチャンスに巡り合えたのは良かった」と話している。
 エアポート社の岡田信一郎社長は「行き先として白浜を選んでくれたことは非常にうれしい。今後は白浜発の形も含めて『白浜―名古屋』のつながりを広げていけるといい」と話している。

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク