全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

駒大苫・男子バスケ部に期待の新人 身長205センチのセネガル出身留学生・ティオウネ

 アフリカ西端のセネガル出身のティオウネ・ババカル(15)が10月に来日し、駒大苫小牧高に1年生として編入し、男子バスケットボール部に入部した。道内高校のバスケ部で男女通じて留学生を受け入れたケースは初とみられる。すでに身長205センチに達するビッグマンは「チームの勝利に貢献できる選手になりたい」と抱負を語った。

セネガルから来日し、部の新メンバーになったティオウネ

 ティオウネは12歳からバスケに親しみ、日本で活躍した母国出身の生徒の存在を知って憧れを抱いて来日を希望した。当初は年度初めの入国を予定していたが新型コロナウイルス禍のため、待機を余儀なくされた。移動制限が緩和されて10月初旬に入国した後は東京都内で2週間の自主隔離期間を過ごし、10月下旬に苫小牧入りした。

 ポジションはセンター。高い身長を生かしたダンクシュートやリバウンドでの貢献が期待されている。合流後の練習を見てきたヘッドコーチの田島範人教諭は「スマートで戦術の理解も早い」と評価。ガードの3年生、藤岡大翔主将も「サイズがあるので得点力で頼りになる存在になると思う」と期待感を語った。

 チーム仲間内の愛称は、名字のティオウネを呼びやすく発音した「チューン」となった。「素直な性格で部員からも好かれている」(田島教諭)という。  勉学と部活動の両立を目指しているティオウネは日本の印象について「きれいな景色と親切な人が多い」。日本食も好みとなり、「お米がおいしい」と笑顔で話した。

 ティオウネは、13日に帯広市で開幕するウインターカップ2020第73回北海道高校選手権大会で公式戦デビューを果たす予定だ。「チームメートと一緒に優勝を目指したい」と意気込む。自らが挙げた課題は、ロングシュートと体格の細さだが、「筋力トレーニングを積んで、もっと動ける選手になりたい」と抱負を語った。

 将来は日本か米国の大学進学を念頭に置き、米プロバスケットボール協会(NBA)選手も目指して夢も大きい。田島教諭は「バスケでも活躍してほしいが、まずは日本の生活を楽しんで、勉強も頑張ってほしい」と温かく見守っている。

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク