全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

むかわのシシャモが記録的不漁、漁獲量わずか3トン

 鵡川漁業協同組合の今季のシシャモ漁が9日に終了した。漁獲量は同組合の厚真支所も合わせて3トン程度にとどまり、不漁だった昨年が38トンでこの10分の1にも届かない。総額もおよそ1470万円にとどまり、前年を4000万円以上も下回った。「かつてない」と嘆くほどの記録的不漁に漁業関係者は危機感を募らせており、原因の究明を急ぐ。

記録的な不漁で推移した今年のシシャモ漁が終了=7日、鵡川漁港

 今季のシシャモ漁は10月1日にスタート。昨年同様、21日間の操業日数で計22隻が操業したが、期間中1トン以上を水揚げした日は1日もなかった。  期間中の動向を見ていくと、初日はわずか12・1キロ。その後10キロにさえ届かない日もあるなど好転の兆しがないまま低調に推移し、最も水揚げが多かった今月7日でさえ341・2キロにとどまった。

 連日、早々に漁場から引き上げてくる船も多く、最終日となった9日はしけのため、出港することなく終わった。

 ここ数年の推移では2011~15年と5年連続で30トン割れだったが、資源管理の取り組みで16年以降は持ち直した。しかし、昨年は約38・3トンで再び50トンを割っていた。

 同漁協の小定雅之専務理事によると、2年前は推定87万匹の親魚が遡上(そじょう)した。「本来ならば、今年はその子が親になって戻って来る」想定だったが、今回の結果に「シシャモに何が起こっているのか」と頭を悩ませる。

 不漁の一因として、海水温が高かったことによる来遊の遅れなども考えられるが、現時点で詳細は明らかになっていない。今後、研究機関による調査が行われる予定で、小定専務理事は「親がしっかり遡上しているか、調査を注視していきたい」と話している。

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク