全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋工業高定時制チームが2部門で優勝

エコノパワーin岐阜

 県立豊橋工業高校の定時制チームが、エコカーレース「エコノパワーin岐阜」(中日本自動車短期大主催)の電気自動車競技、ハイブリッドカー競技で優勝した。  大会は10月25日に岐阜県の「フェスティカサーキット瑞浪」で開かれた。電気自動車競技は同じバッテリーを搭載する。ハイブリッドカー競技は太陽光パネルを積んだエコカーで走る。45分間で1周1177㍍のコースを何周できるかを競った。

 同校機械工作部のメンバーは手作りエコカーで出場した。電気自動車競技は4年生、ハイブリッドカー競技は3年生でチームを組んだ。

 4年生チームは、空気抵抗を抑えるため、車体の幅を限りなく狭くし、ボディーを流線形にした。車幅を狭くするためのポイントはタイヤで、ホイールをアルミの塊から旋盤を使って削って作り上げた。定時制の授業は午後9時に終わる。製作は授業後で、日をまたぐ時もあったという。

 3年生チームは、車体を低くして空気抵抗を抑えた。太陽光パネルの発電量を天気に応じてシミュレーションし、テスト走行して本番に挑んだ。その結果、両チームが18周の記録で優勝した。

 表彰式が6日に同校で開かれ、中日本自動車短大の山田弘幸学長は「皆さんの素晴らしい努力が優勝につながりました。この結果を人生の糧にしてください」と話し、賞状と賞品を手渡した。

 4年の高橋拳介さん(19)は「エネルギーマネジメントがうまくいき優勝できた。とてもうれしい」と話した。3年の横田聖さん(17)は「当日の天気は雲が多い晴れだった。発電量を考えながら走行して優勝できた」と笑顔で語った。

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク