全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

スマート農業理解深める【別海】

 

ICT搭載の牛舎で説明する売場社長(右)

ロボットやICT(情報通信技術)を活用し農作業の省力化や収益向上、人材確保を図る「労働力不足の解消に向けたスマート農業実証」の現地講習会が6日、実証農場のエスエルシー(町美原、売場純社長)で開かれ、酪農を学ぶ高校生(別海、中標津農業、標茶)が参加し、現場でのICTが作業にどう効果的か理解を深めた。

 同実証は新型コロナウイルス拡大に伴う外国人技能実習生の入国制限などで生産現場で人手不足が深刻化していることから、今年度、国が緊急的に実施する単年度事業。全国24カ所で採択され、釧路、根室管内では阿寒農協と同農場の2カ所。次世代への継承の目的もあり、実証者は講習会を開催することになっている。

 同農場では、ビッグデータからの規則性発見などを研究する東京理科大の大和田勇人教授を中心とするコンソーシアムが「オールICTシステム」を実証中。乳牛が誕生してから生産するまでの行動をデータ化し、特に個体差が大きい発情行動を検知するシステムなどを構築するのが狙いだ。

 この日の講習会には、酪農専攻科のある別海高校、中標津農業高、標茶高から生徒12人が参加。中春別農協での座学を受けた後、実証農場へ移動。全自動型搾乳ロボット4台と牛の行動を遠隔で確認できるカメラなどを搭載した最新鋭の牛舎や、子牛に1頭ずつ適量のミルクを全自動で与える哺乳ロボット「カーフレール」などを見学した。

 売場社長は、システム導入前は発情発見が45%だったのが、導入後は90%と見落としをほぼ防げていることなどを挙げ「牛舎建設費(6億8000万円のうち自己資金3億5000万円)は借金ではなく、データを使い賢く健康に牛を飼うための投資」と説明した。

 将来、浜中町で営農予定の別海高酪農専攻科2年齋藤涼太さん(24)は「投資という考えは共感。子牛の哺乳ロボットは画期的なので小規模農家にも対応できるものが開発されてほしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク