全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

独自にインフル検査室 さかい総合内科 帯広

検査室の使用イメージ。感染リスクを抑えながら検査できる

 帯広市内のさかい総合内科クリニック(西9南13、酒井俊院長)は院内にインフルエンザなどの検査室を設けた。医師と患者が直接触れず、防護服なしで検査ができる環境を整えた。

 院内にある既存の隔離室を活用。二つの出入り口の一方を透明なアクリルパネルでふさぎ、医師が両手を入れて処置できるよう穴を開けた。穴は市販の長いゴム手袋を取り付け、ししゅう枠で固定。ホームセンターなどで手に入る資材を使い、事務主任の紺谷真佑さんが2日ほどで作った。

 新型コロナウイルスの検査のため、韓国で考えられた電話ボックス型の検査場を見て発案した。医師と患者が隔てられているため、飛沫(ひまつ)感染のリスクがなく、インフルエンザや溶連菌といった鼻から検体を採取する検査に有効だ。

 インフルと新型コロナの同時流行が懸念される中、医療現場では従来の医療提供とコロナ対応に迫られている。中小規模のクリニックでできることは限られるが、既存施設の工夫で医師やスタッフの感染防止と医療行為を行えるようにした。酒井院長は「完全な陰圧室ではないが、防護具を着けなくてもインフルエンザなどを検査できる」と話している。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク