全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

海の幸とイベント発信 食の都庄内「冬の三寒四温」

トラフグとマフグのてっさの食べ比べや「食の都庄内」親善大使たちが地元食材を使って腕を振るった料理を楽しむ参加者

 冬の庄内の魅力を広く内外にアピールする「食の都庄内 冬の三寒四温」観光キャンペーンのキックオフイベントが6日夜、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。冬の海の幸とイベントをオール庄内で盛り上げていくもので、この日を皮切りに来年3月31日(土)まで展開。天然トラフグや新酒、祭りなど冬季の魅力アップで誘客、活性化につなげる。

 庄内観光コンベンション協会(会長・皆川治鶴岡市長)が初めて企画。冬のおすすめ食材を「庄内三寒」(寒ダラ、寒フグ、寒ズワイガニ)、観光素材を「庄内四温」(温泉、新酒、まつり、ひな)としてPR。12月から3月まで冬のイベントを網羅したチラシを用意し地域一体となった観光振興を図る。

 この日のキックオフイベントには地元関係者をはじめ首都圏の旅行会社、マスコミなど約110人が出席。県庄内総合支庁の小野真哉支庁長は「庄内の多種多様な魅力を多くの方に体感してもらいたい」とあいさつ。「食の都庄内」親善大使の奥田政行シェフのビデオメッセージ、県酒造組合の小関敏彦特別顧問の庄内の酒の魅力についての講話に続き、地酒で乾杯した。

 地元で水揚げされた天然トラフグとマフグのてっさ(刺し身)の食べ比べ、いずれも「食の都庄内」親善大使の太田政宏、土岐正富、古庄浩の3氏によるズワイガニのキッシュやタラのブイヤベース、在来野菜のパプリカソースがけ、若手シェフによるタラの白子のクリーム仕立てスパゲティなど地元の食材をふんだんに使ったメニューが振る舞われ、庄内全18蔵元の地酒コーナーも設けられた。

 都内でPR会社を経営する今野里香さんは「日本酒や庄内産野菜など都内のグルメの人は庄内の存在を知っている。ただ、何かきっかけがないと足を運ぶ機会がない。都内からどのぐらいの距離なのか、交通手段は―など工夫して情報発信したら誘客になると思う」と話していた。

 「食の都庄内 三寒四温」観光キャンペーンの主なイベントは次の通り。

 ▽食の都庄内天然とらふぐキャンペーン(庄内一円の23店舗参加、2月28日まで)▽鶴岡旬御膳「冬のごっつぉめぐり」(鶴岡市内の温泉や民宿、飲食店が参加、1月13日―2月28日)▽庄内DECクラブ・庄内産冬三昧(西洋レストラン18店舗参加、1月1日―2月28日)▽タクシープラン・庄内美酒探訪(タクシーで酒蔵・飲食店を周遊、1月7日―2月28日)

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク