全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

本別高の船見さん先生に 道教委事業 十勝で体験第一号

 本別高校(近藤浩文校長)3年生の船見陸斗さん(18)が、インターンシップを受け入れた本別中央小学校(式見祝賀校長、児童185人)で3日間、児童や教職員と触れ合った。道教委が今年度から進める「高校生の小中学校におけるインターンシップ」で、船見さんは最終日に管内トップバッターとして5年生を対象に教壇に立ち、児童と交流しながら学ぶ楽しさを教えた。

教員としての授業を体験した船見さん(左)

 授業の内容や子どもと触れ合う楽しさなどの理解を深め、教職の魅力を知り、志望意欲を高めるのが目的。インターンシップには管内6高校から19人が希望し、船見さんは27~29日の3日間、本別中央小を訪問。全学年の授業参観や教員との交流、授業の指導補助などを体験した。

 最終日には、船見さんが5年生の児童25人の先生役として理科の授業を体験。単元「もののとけ方」で食塩が水に溶けるときにどう変化するかを観察する実験を行った。十勝教育局や町教委、本別高校の近藤校長ら約10人が授業の様子を見守った。

 船見さんは児童を5班に分け、それぞれ食塩の溶け方について予想を聞き、実験ではタブレットでの動画撮影の方法も説明。実験結果のまとめなどを丁寧に黒板に書き、食塩がどうなったか結果を分かりやすく伝えた。授業の終わりには「(食塩が)どこにいったか。次の授業で考えていきましょう」とつないだ。

 授業を受けた女子児童は「すごく分かりやすく教えてもらった。実験は何回もさせてもらえたから理解が深まった」と笑顔を見せた。

 船見さんは履修する選択科目「探究化学」の授業で、小学理科の単元「もののとけ方」の導入部分を授業でどう進めるかを研究。何度も理科の教科書を読み込むなどして夏休み前に組み立て始めたという。

 初日から児童に積極的に話し掛け、打ち解けた雰囲気で授業ができたという船見さんは「自分としては好感触で終われた。これまで協力していただいた高校や小学校の先生などには感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク