全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

埼玉西武球団スカウト指名あいさつで公益大へ 赤上投手「早く支配下登録に」意気込み

 26日に行われたプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、東北公益文科大4年の赤上優人投手(21)=右投げ右打ち=が埼玉西武ライオンズから育成1位で指名されたことを受け、同球団のスカウト2人が29日、指名あいさつのため酒田市の公益大を訪問した。

 赤上投手は秋田県仙北市出身。県立角館高から2017年4月に公益大に進学。1年秋に遊撃手から投手に転向、最速153キロの速球とともに、スライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップなど多彩な変化球が持ち味。昨秋の南東北大学野球連盟リーグ戦では優勝に貢献し最優秀選手賞に輝いた。今秋も4勝を挙げ2季連続の最多勝(今春はコロナ禍のため中止)。  この日、公益大を訪れたのは編成グループ育成・アマチュア担当チーフの前田俊郎スカウト、北海道・東北地区を担当する水澤英樹スカウトの2人。このうち水澤スカウトは赤上投手と同郷。赤上投手、金野信勇公益大理事長補佐、横田謙人硬式野球部監督と会談した。

 赤上投手について「高校時代から注目していた」と話す水澤スカウトは「ハートとボールの強さ、制球も良く、変化球も多彩。まだまだ伸びしろがある」と高評価した。

 前田スカウトは「大きく育ってほしい。育成からのスタートだが、早く戦力になることを期待する。ここぞという場面でマウンドに立ち抑えてくれる、チームに勢いをつけてくれる選手になってほしい」と述べた。

 前田スカウトから辻発彦監督のサイン色紙、ドラフト会議入場パスを受け取った赤上投手は「泥くさく、貪欲に求められているものを全て吸収し、一刻も早く支配下登録を目指す」と意気込みを語った。

 球団によると、11月中に仮契約。本契約、入団発表は12月上旬の予定という。

辻監督の色紙などを手に球団関係者と記念撮影する赤上投手(中央)

関連記事

宇部日報社

宇部西高生が中学校の卒業生のためにコサージュ作り

 宇部西高(柴田利道校長)で8日、市内の8中学校と宇部総合支援学校の卒業生に贈る生花コサージュ作りが行われた。農業クラブなどに所属する生徒有志8人が心を込めて作業した。    コロナ禍で不安を抱...

十勝舞台、漫画「銀の匙」 初の大型展 東京・松屋銀座

 十勝を舞台にした人気漫画「銀の匙(さじ)Silver Spoon」の連載開始10周年を記念した初の大型展覧会が8日、都内の松屋銀座8階で始まった。作者の荒川弘さん(幕別町出身)がこの展覧会のため...

躍動感あふれる演舞で魅了 沖永良部島 舞勇BEATがエイサー発表会

 鹿児島県沖永良部島のエイサー団体「舞勇BEAT」は7日、和泊町研修センターで発表会を開いた。小学生から一般まで25人が出演し、躍動感あふれる演舞で観客を魅了した。  舞勇BEATは、沖永良部...

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク