全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

埼玉西武球団スカウト指名あいさつで公益大へ 赤上投手「早く支配下登録に」意気込み

 26日に行われたプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で、東北公益文科大4年の赤上優人投手(21)=右投げ右打ち=が埼玉西武ライオンズから育成1位で指名されたことを受け、同球団のスカウト2人が29日、指名あいさつのため酒田市の公益大を訪問した。

 赤上投手は秋田県仙北市出身。県立角館高から2017年4月に公益大に進学。1年秋に遊撃手から投手に転向、最速153キロの速球とともに、スライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップなど多彩な変化球が持ち味。昨秋の南東北大学野球連盟リーグ戦では優勝に貢献し最優秀選手賞に輝いた。今秋も4勝を挙げ2季連続の最多勝(今春はコロナ禍のため中止)。  この日、公益大を訪れたのは編成グループ育成・アマチュア担当チーフの前田俊郎スカウト、北海道・東北地区を担当する水澤英樹スカウトの2人。このうち水澤スカウトは赤上投手と同郷。赤上投手、金野信勇公益大理事長補佐、横田謙人硬式野球部監督と会談した。

 赤上投手について「高校時代から注目していた」と話す水澤スカウトは「ハートとボールの強さ、制球も良く、変化球も多彩。まだまだ伸びしろがある」と高評価した。

 前田スカウトは「大きく育ってほしい。育成からのスタートだが、早く戦力になることを期待する。ここぞという場面でマウンドに立ち抑えてくれる、チームに勢いをつけてくれる選手になってほしい」と述べた。

 前田スカウトから辻発彦監督のサイン色紙、ドラフト会議入場パスを受け取った赤上投手は「泥くさく、貪欲に求められているものを全て吸収し、一刻も早く支配下登録を目指す」と意気込みを語った。

 球団によると、11月中に仮契約。本契約、入団発表は12月上旬の予定という。

辻監督の色紙などを手に球団関係者と記念撮影する赤上投手(中央)

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク