全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「砂エビ」味で勝負 「未利用品に価値を」 帯広市場・大樹漁協

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は大樹漁協の協力を受け、シシャモ漁で混獲される「砂エビ」の取り扱いを新たに始めた。濃厚な風味が特徴の砂エビは、見た目などから同市場で流通していなかった。11月中旬までの限定品で、スーパーなど取引先からの反応は上々だ。

「砂エビ」と空揚げなどの食べ方をPRする(右から)佐藤部長、石井主幹

 砂エビの正式名は「アムールエビジャコ」。体長は3~5センチと小さく、色は黒っぽい。加熱しても赤くならないが、うま味が強く、素揚げやみそ汁などにするとおいしい。シシャモ漁で一緒に網にかかる。漁業者が持ち帰る程度で、一般に販売されていない。

 同市場では地場産の取り扱い拡大に力を入れており、管内漁協などと懇談する中、大樹漁協の協力を取り付けた。同漁協の佐藤亨事業部長は「近年シシャモは不漁続き。今年も平年の7割程度の水揚げ。未利用品に価値を見いだしてくれることは漁業者の収入確保につながる」と感謝する。

 27日から取り扱いを開始し、2日間で入荷した約200キロ分が完売した。同市場の石井孝知水産部主幹は「スーパーや業務卸など幅広く購入してくれた」とする。福原は「ぴあざフクハラ西帯広店」など6店で、1パック300円前後(約300グラム入り)で販売。担当者は「通常のエビより安値。地場の旬の品なので入荷した際にはまた仕入れたい」と語る。

 砂エビの取り扱いはシシャモ漁の終了まで。石井主幹は「食べられなかったのがもったいないほどのうま味。サケやサンマなど主力品が不漁で苦戦する中、今後も地場のいいものを発掘したい」と話していた。

 アムールエビジャコは広尾漁協青年部も「広尾えびじゃこ」の愛称で消費拡大に取り組んでいる。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク