全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「砂エビ」味で勝負 「未利用品に価値を」 帯広市場・大樹漁協

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)は大樹漁協の協力を受け、シシャモ漁で混獲される「砂エビ」の取り扱いを新たに始めた。濃厚な風味が特徴の砂エビは、見た目などから同市場で流通していなかった。11月中旬までの限定品で、スーパーなど取引先からの反応は上々だ。

「砂エビ」と空揚げなどの食べ方をPRする(右から)佐藤部長、石井主幹

 砂エビの正式名は「アムールエビジャコ」。体長は3~5センチと小さく、色は黒っぽい。加熱しても赤くならないが、うま味が強く、素揚げやみそ汁などにするとおいしい。シシャモ漁で一緒に網にかかる。漁業者が持ち帰る程度で、一般に販売されていない。

 同市場では地場産の取り扱い拡大に力を入れており、管内漁協などと懇談する中、大樹漁協の協力を取り付けた。同漁協の佐藤亨事業部長は「近年シシャモは不漁続き。今年も平年の7割程度の水揚げ。未利用品に価値を見いだしてくれることは漁業者の収入確保につながる」と感謝する。

 27日から取り扱いを開始し、2日間で入荷した約200キロ分が完売した。同市場の石井孝知水産部主幹は「スーパーや業務卸など幅広く購入してくれた」とする。福原は「ぴあざフクハラ西帯広店」など6店で、1パック300円前後(約300グラム入り)で販売。担当者は「通常のエビより安値。地場の旬の品なので入荷した際にはまた仕入れたい」と語る。

 砂エビの取り扱いはシシャモ漁の終了まで。石井主幹は「食べられなかったのがもったいないほどのうま味。サケやサンマなど主力品が不漁で苦戦する中、今後も地場のいいものを発掘したい」と話していた。

 アムールエビジャコは広尾漁協青年部も「広尾えびじゃこ」の愛称で消費拡大に取り組んでいる。

関連記事

荘内日報社

砂浜にマイクロプラスチック その種類の多さに驚き 鶴工高環境化学科 3年生4..

 鶴岡工業高校(平山豊校長)の生徒が、庄内浜でマイクロプラスチックの研究に取り組んでいる。環境化学科3年の生徒4人が湯野浜海岸の砂を調べたところ風呂用品に使われる「ポリプロピレン」など5種類のマイクロ...

紀伊民報社

春の味覚「菜花」 日置川、すさみで収穫

 和歌山県白浜町の日置川地域やすさみ町で、食用菜の花「菜花(なばな)」が収穫されている。やわらかいつぼみや茎、葉を食べる旬の味覚。2月末ごろまで続く。  JA紀南によると、農家15戸が計約2ヘク...

三星 よいとまけに新商品、「りんご味」が登場

苫小牧市糸井のパン菓子製造三星(三浦実社長)は21日、お菓子「よいとまけ りんご」を新発売した。半世紀以上の歴史を誇るハスカップ菓子「よいとまけ」に、約6年半ぶりに新しい味が加わった。同社は「甘味...

排雪 学校敷地を活用 通学路の安全確保へ 帯広市

 帯広市は21日、市内小中学校の周辺路線の除排雪作業について、学校敷地内に排雪し作業を効率化する取り組みを始めた。通学路の安全確保に向けた新たな試みで、今後も各学校の周辺路線へと除雪範囲を広げてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク