全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

西武から育成指名の水上投手 出身地長野県宮田村で報告

プロ球界入りの報告に訪れ、激励を受けた水上投手(左)

 プロ野球の育成ドラフトで西武ライオンズから指名を受けた水上由伸投手(22)=四国学院大=が29日、出身地の宮田村役場を訪ね、小田切康彦村長らに指名を報告した。水上選手は「まだ育成なので一日でも早く支配下選手になって、1軍のマウンドに上がれるように頑張りたい」と力強く抱負を語った。

 水上投手は役場職員らの拍手に迎えられ、父俊孝さん(53)、母香代子さん(49)とともに来庁した。

 小田切村長は「これまでの努力に敬意を表したい。指名された感激を忘れず、大舞台に立てるよう努めて」と激励。村出身者として初のプロ野球選手の誕生を喜び、後援会などを組織し支援する意向も伝えた。

 子どもの頃の様子を聞かれた俊孝さんは「野球が好きで、新しいバットやグローブを抱いて寝るほど」とエピソードを披露。香代子さんは「たくさんの方に(応援の)声を掛けていただき、ありがたい。皆さんのためにも頑張ってほしい」と感謝を表した。

 水上投手も古里の期待をひしひしと感じている様子。懇談後、見送る役場職員たちを前に「活躍する姿を見せることで村に恩返しをしたい」とあいさつすると、激励を込めた温かい拍手が送られた。

関連記事

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

長野日報社

長野県諏訪市「御宿割」好調 観光地に再び笑顔

長野県諏訪市内の宿泊施設で県民の宿泊予約が急増し、接客担当者に笑顔が戻っている。観光関係者によると、県民の宿泊料金を最大5000円割り引く県の「県民宿泊割」と、1泊2000円割り引く諏訪市の「...

紀伊民報社

林野火災に備え合同訓練

 春の全国火災予防運動に合わせて、上富田町消防団と田辺市消防本部上富田分署は7日、和歌山県上富田町朝来で林野火災の合同訓練をした。池から水を引き、ポンプをつないで山林に放水した。  町消防団の第...

荘内日報社

“山居島”歴史散歩楽しむ 酒田

ジオガイドとまち歩きツアー  鳥海山・飛島ジオパークの再認定を記念した「さかた界隈(かいわい)まち歩きツアー」が7日、酒田市の希望ホールを発着点とする市中心部で行われ、青空が広がる好天の中、ジオパ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク