全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の豚丼老舗「ぱんちょう」仮店舗にも行列

 豚丼の老舗「ぱんちょう」が、帯広市東1南5の仮店舗で営業を再開した。長年愛されていた帯広市西1南11の旧店舗は建て替えることにし、8月30日から休業していた。移転後も相変わらずの人気で、休日には帯広名物の味を求める常連や観光客の列ができている。

仮店舗で営業を再開している豚丼の老舗「ぱんちょう」(左は4代目の辰巳さん)

 ぱんちょうは旧店舗で1933年に創業。店舗は直近の建て替え工事から50年が経過し、老朽化が進んでいた。一部で内部の解体工事を進めており、終了までに約1年はかかるとみられている。

 今年初めごろから、炭火を使える調理場を探していたところ、そば店(蕎麦処開拓舎)が入居していた物件が見つかり、仮店舗として移転。今月3日から営業を再開した。

 旧店から変わらず、豚丼(持ち帰り含む)、みそ汁、飲み物を提供。客席は約30席で、店舗前には10台程度の駐車スペースがある。8月初めに代替わりした4代目の辰巳博史さんらが豚肉の仕込みなどを続けている。

 代表の山田美鶴さんは「告知していない中で多くのお客さまに足を運んで頂き大変ありがたい。帯広駅から歩いて来る方もいる。『移転前と変わらずおいしい』という声を聞き、励みになる」と話している。

 午前11時~午後7時。月曜、第1・3火曜定休。問い合わせは同店(0155・23・4871)へ。

関連記事

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく 新得・音更

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

帯広畜大酒蔵「碧雲蔵」が日本酒の福袋販売

 帯広畜産大内に今春開設された酒蔵「碧雲蔵」(帯広市稲田町西2線)で醸造した日本酒の福袋が、来月2日から数量限定で販売される=写真。  酒蔵は上川大雪酒造(上川管内上川町)などが建設した。...

紀伊民報社

かさかぶったイチゴ大福 農家と和菓子店が開発

 「農産物加工品研究所中野農園」(和歌山県田辺市学園)と和菓子店「菓匠二宮」(同市下屋敷町)は、熊野古道を歩く平安時代の姫をイメージしたイチゴ大福「熊野詣」を開発した。熊野古道をPRするのが狙い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク