全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の豚丼老舗「ぱんちょう」仮店舗にも行列

 豚丼の老舗「ぱんちょう」が、帯広市東1南5の仮店舗で営業を再開した。長年愛されていた帯広市西1南11の旧店舗は建て替えることにし、8月30日から休業していた。移転後も相変わらずの人気で、休日には帯広名物の味を求める常連や観光客の列ができている。

仮店舗で営業を再開している豚丼の老舗「ぱんちょう」(左は4代目の辰巳さん)

 ぱんちょうは旧店舗で1933年に創業。店舗は直近の建て替え工事から50年が経過し、老朽化が進んでいた。一部で内部の解体工事を進めており、終了までに約1年はかかるとみられている。

 今年初めごろから、炭火を使える調理場を探していたところ、そば店(蕎麦処開拓舎)が入居していた物件が見つかり、仮店舗として移転。今月3日から営業を再開した。

 旧店から変わらず、豚丼(持ち帰り含む)、みそ汁、飲み物を提供。客席は約30席で、店舗前には10台程度の駐車スペースがある。8月初めに代替わりした4代目の辰巳博史さんらが豚肉の仕込みなどを続けている。

 代表の山田美鶴さんは「告知していない中で多くのお客さまに足を運んで頂き大変ありがたい。帯広駅から歩いて来る方もいる。『移転前と変わらずおいしい』という声を聞き、励みになる」と話している。

 午前11時~午後7時。月曜、第1・3火曜定休。問い合わせは同店(0155・23・4871)へ。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク