全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の豚丼老舗「ぱんちょう」仮店舗にも行列

 豚丼の老舗「ぱんちょう」が、帯広市東1南5の仮店舗で営業を再開した。長年愛されていた帯広市西1南11の旧店舗は建て替えることにし、8月30日から休業していた。移転後も相変わらずの人気で、休日には帯広名物の味を求める常連や観光客の列ができている。

仮店舗で営業を再開している豚丼の老舗「ぱんちょう」(左は4代目の辰巳さん)

 ぱんちょうは旧店舗で1933年に創業。店舗は直近の建て替え工事から50年が経過し、老朽化が進んでいた。一部で内部の解体工事を進めており、終了までに約1年はかかるとみられている。

 今年初めごろから、炭火を使える調理場を探していたところ、そば店(蕎麦処開拓舎)が入居していた物件が見つかり、仮店舗として移転。今月3日から営業を再開した。

 旧店から変わらず、豚丼(持ち帰り含む)、みそ汁、飲み物を提供。客席は約30席で、店舗前には10台程度の駐車スペースがある。8月初めに代替わりした4代目の辰巳博史さんらが豚肉の仕込みなどを続けている。

 代表の山田美鶴さんは「告知していない中で多くのお客さまに足を運んで頂き大変ありがたい。帯広駅から歩いて来る方もいる。『移転前と変わらずおいしい』という声を聞き、励みになる」と話している。

 午前11時~午後7時。月曜、第1・3火曜定休。問い合わせは同店(0155・23・4871)へ。

関連記事

福原「塩ザンギ」金賞 十勝管内スーパーで初 からあげGP

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ...

紀伊民報社

ドライフルーツ新3種 JA紀南が発売

 JA紀南(本所・和歌山県田辺市朝日ケ丘)が製造販売するドライフルーツに、新たに「すもも」「みかん」「レモン」の3種が加わった。3年ぶりの追加で2日に発売した。JAは「素材を生かしたドライフルー...

荘内日報社

おいしく家飲みを「摩耶姫」仕上がる
温海の限定酒 10日から販売

 今年で8年目となる鶴岡市温海地域限定の純米吟醸酒「摩耶(まや)姫」が完成し、10日から地域内の小売酒販店などで販売される。  地域の小売酒販店などでつくる「酒徳会」(加盟16店)が2014年から毎年...

捨てずにウナギの頭で魚醤

 これまで捨てられていたウナギの頭を使った魚醤(ぎょしょう)「鰻能(ばんのう) 鰻(う)ナンプラー」を県内の3社が共同開発、23日から発売を始めた。  開発したのは、みそ・しょうゆ製造の「イ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク