全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

奄美でワーケーションを ピーチ 旅行大手らとツアー商品販売

奄美大島でのワーケーションツアーのイメージ画像(ピーチ提供)

 格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府泉佐野市)は28日、法人向けツアー商品「奄美大島ワーケーションツアー」の販売開始を発表した。同ツアーは共同開発した旅行業大手のHISが販売。奄美大島の自然とリモートワークを活用し、交流人口拡大とワークライフバランスの向上を目指すとPRしている。

 ワーケーションとは観光地やリゾート地でインターネット回線を利用したテレワーク(リモートワーク)を活用し、働きながら休暇をとる勤務体系。新型コロナウイルス感染拡大の影響で利用増加が見込まれている。

 ピーチはツアーの利点として▽奄美市が多様な働き方やインターネット環境整備を推進している▽マングローブ原生林でのカヌー体験など豊かな自然の中でリフレッシュできる観光プランがある▽伝統ある建物を再生した「伝泊」を活用し手軽な料金で長期滞在できる│などを挙げている。

 ツアーには、身に着けることで心拍数や血圧などの生体情報が得られる製品の販売を手掛けるミツフジ株式会社も協力。ツアーには同社の製品を利用してストレスチェックができる追加プランも用意されており、情報通信技術を活用した意欲的な内容となっている。

 ツアー代金は大人1人4万9800円から。奄美市商工観光部紬観光課は「全国で注目されるワーケーションが奄美で推進されることで、奄美での観光滞在の多様化が促進される。多くの利用客に奄美の自然、文化を体験できる奄美らしいワーケーションを過ごしてほしい」と期待を示した。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク