全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那の「御城印」新作 市内4史跡追加

新作4種類が加わり、全14種類となった「御城印」

 伊那市高遠町の一般社団法人「環屋」は、東春近の殿島城址、高遠町下山田の山田城跡、美篶の蟻塚城跡、長谷市野瀬の市野瀬古城跡の市内4史跡の「御城印」を新たに作り、31日から同所(旧中村家住宅)で販売する。同法人が手掛ける市内の史跡の御城印は、既に販売している高遠町東高遠の高遠城跡、高遠町藤沢の藤沢城址、西町の春日城址を合わせ7史跡となった。

 新御城印は、はがき大の紙の中央に史跡名が入り、背景に史跡のシンボルを描いたデザイン。殿島は殿島城址公園の石碑、山田は地誌に残る城跡の絵、市野瀬は城跡にある推定樹齢400年以上の「城山の松」、蟻塚は県内でも珍しい高さ5メートルの土塁と、城跡の保存整備に取り組む「蟻塚城跡保存会」の印を入れた。

 御城印は令和の始まりに併せて昨年5月に売り出し、第1弾の高遠城跡はもみじ柄と桜柄の特別版も登場。もみじ柄は31日からの「高遠城址もみじ祭り」で販売する。桜柄は観桜期に環屋で限定販売していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛でネット販売が主に。現地に足を運び、御城印を手に入れるという本来の楽しみ方を味わってほしいと、通年販売にした。

 高遠城跡8種類(通常2、もみじ2、桜4)に新作を加えて全14種類になり、「一つの市でこれだけの御城印がそろうのは珍しい」と同法人の杉山祐樹代表理事。「今後も種類を増やし、御城印が伊那谷を巡り、楽しむ際の一つのツールになれば」と話した。

 いずれも1枚300円。高遠城跡の通常と、もみじは2種類1セット500円、桜は4種類1セット1000円。春日城址は旧井澤家住宅、藤沢城址は農家レストラン「こかげ」でも取り扱っている。問い合わせは環屋(電話0265・94・2251)へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク