全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡にPCR検体集積所 11月2日から来年3月まで設置

 新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備え、鶴岡地区医師会と鶴岡市、三川町は27日、唾液による新型コロナPCR検査の検体集積所(サポートセンター)を設置すると発表した。国が打ち出した検査、診療体制整備の一環で、かかりつけ医など地区医師会員の診療所と連携した方式を取り、11月2日から来年3月末までの設置を予定している。

 鶴岡地区医師会は、同時流行した場合の各診療所の負担と医療従事者の感染リスクの軽減を目的に、検査体制の在り方を検討してきた。検体集積所は同市馬場町の鶴岡公園東駐車場(旧荘内病院跡地)の一角に、プレハブ2棟を設ける。

 発熱などの症状がある場合、かかりつけ医などの診療所の医師が問診などでPCR検査が必要かどうかを判断。必要となった場合は唾液の採取容器(キット)が渡され、患者が自ら唾液を採取しサポートセンターに届ける。サポートセンターでの回収はドライブスルー方式で行い、開設は月曜―土曜(日曜祝日、年末年始を除く)の午後1―同4時。1日に約90件の受け付けが可能と見込んでいる。

 回収された検体は県外の検査機関に送付され、結果判明は検体提出から2日ほどかかるという。検査結果は受診した医療機関を通じて本人に通知される。発熱症状などがあって医療機関を受診する場合は、受診前に必ず、かかりつけ医か「山形県受診相談センター」(フリーダイヤル0120―880006、24時間対応)に電話で相談してから受診する。

 同地区医師会の福原晶子会長、皆川治鶴岡、阿部誠三川の両市町長が市役所で会見し、サポートセンター設置を説明した。福原会長は「季節性インフルエンザなどで今後、発熱患者が増えることが予想される。安全で確実な方法で対応していく。医療機関の受診の方法についても行政と連携して周知していきたい」と話した。

唾液検体の集積所となるプレハブの設置が進む鶴岡公園東駐車場の一角

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク