全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧市発熱検査センター開設へ、コロナとインフルを同時に、ウオークスルーで

 苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、11月2日に開設する苫小牧発熱検査センターと小児発熱検査センターは、症状の見分けがつきにくいコロナとインフルの検査が同時にでき、発熱患者の不安が素早く解消される。インフルの判明は5分程度、コロナは翌日に判明する。直接行くことはできず、かかりつけ医などが必要と判断した場合に予約して専用施設を訪れる。

11月2日から開始(軽症者の場合)

 苫小牧発熱検査センターは、5月に開設した「苫小牧PCR検査センター」の機能を拡充する。対象は10歳以上。検査時間は平日の午後1時半~同5時で、検査人数は1日約40人を予定する。検査方法はPCRセンターと同じ「ウオークスルー方式」。主に電話でリモート診療し、検査が必要と判断された人は時間を予約し、自家用車で訪れて検体採取を受ける。

 小児発熱検査センターは新設で、対象は9歳以下の小児専門。一般的な検査センターでは検体採取が難しい場合もあるため、熟練した医師や看護師らによる診察態勢を敷く。苫小牧小児科医会の小児科医が、輪番制で検査に応じる。各センターは市内にいずれも1カ所ずつで、場所は患者のプライバシー保護や混乱を防ぐため非公表としている。

 発熱などでコロナ感染の疑いがある人が取る手続きは従来通り。まず、かかりつけ医や地域の医療機関、苫小牧保健所などに電話で相談する。軽症の場合はかかりつけ医らが診察や電話相談に応じ、必要に応じて発熱検査センターを紹介する。中等症、重症の場合はこれまでと同様、保健所が対応し、専門外来につなぐ。

 費用負担も従来通りで、PCR検査は無料(診察代は別途)、インフル検査は医療機関の保険適用と同額。  相談場所が分からない人は▽市健康支援課 電話0144(32)6410または6411▽市医師会 電話0144(33)4720▽苫小牧保健所 電話0144(34)4168。24時間相談窓口はフリーコール(0800)2220018。

関連記事

紀伊民報社

65年の眠りから覚め墨に 「生まつ松煙」名匠に託す

 1958年に生産が途絶えた墨の原料「紀州生(いき)まつ松煙」の俵が田辺市内で保管されていたことが分かり、24日、県の名匠で紀州松煙墨製作者の堀池雅夫さん(71)=和歌山県田辺市文里1丁目=らが...

荘内日報社

鶴岡市の女性農業者ワークショップ 女性がわくわくする農業に

 鶴岡市内の女性農業者が集い、地域農業の夢を語り合うワークショップが24日、市藤島庁舎で開かれた。20―60代の女性がグループに分かれて意見交換し、「世界初の農業のテーマパークを庄内に」「鶴岡シルクでおし...

宇部日報社

岡田さんが池坊「華臈」に 国内で唯一、77年間の活動結実【宇部】

 長年地域の生け花文化の振興に努めてきた岡田銀二郎さん(97)=宇部市亀浦1丁目=に、華道家元池坊の最高職位のさらに上に位置する「華臈(かろう)」が授与された。華道の発展に貢献するなど特別な功...

ドローンショーと影絵公演 あすから「冬ウポポイ」第3弾 白老

白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は27日から「とっておきの冬ウポポイ」第3弾の企画をスタートさせる。ドローンショーと影絵公演の文化イベントを繰り広げ、この季節ならではのウポ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク