全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

球団指名あいさつで決意新た 日ハムドラ1・伊藤大海

 苫小牧駒沢大野球部の伊藤大海(4年)=渡島管内鹿部町出身=が27日、同校を訪れたプロ野球北海道日本ハムファイターズからドラフト1位指名のあいさつを受け、夢のプロ入りに向けまた一歩近づいた。同球団の栗山英樹監督が直筆で「共に天下を!」と記したドラフト会議場通行許可証を胸に提げて会見にも臨んだ伊藤は「いよいよプロ野球の世界に踏み込んでいくんだな」と高まる気持ちを表現した。

栗山監督直筆メッセージ入りのドラフト会議場通行許可証を手にガッツポーズする伊藤=27日、苫駒大構内

 同部の大滝敏之監督、渡邊和弘部長、岡田路明副部長も同席した15分ほどの指名あいさつでは、日本ハムの大渕隆スカウト部長から野球への真摯(しんし)な姿勢をたたえられていた。2018、19年に大学日本代表に選出された際、チーム一員としての行動中に「周りの雰囲気に流されることなく黙々とやっていた」(部長)姿は、スカウト陣の目にしっかり留まっていた。伊藤は「そこを見てもらえたのはうれしい。自分で考えて行動できるのが自分の良さだと思っている」と語った。

 26日のドラフト会議と同様に、苫駒大の大講堂で行われた会見では同日のドラフト1位指名決定後に無料通信アプリ「LINE(ライン)」などで1000件以上の祝福メッセージをもらったことを明かした。大学日本代表時代のチームメートで1年先にプロ入りを果たした森下暢仁(広島東洋カープ)、津森宥紀(福岡ソフトバンクホークス)からは「待ってたよ」とうれしい言葉をもらった。

 契約条件などプロ入りに向けた具体的な話はこれからだが、伊藤は「学生野球と違ってプロは1年通して戦い続ける体が必要になる。基礎的なところからもう一度掘り下げて考えていきたい」と夢舞台に向けて着実に準備を進めていく構えだ。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク