全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

日の出町の居酒屋に「日の出」写真、コロナ禍の街を元気に

日の出の写真を飾り、活気が戻ることを願う柏村店長(日の出3丁目で)

 新型コロナウイルスの感染拡大からクラスター(感染者集団)の発生もあり、いまだ客足が鈍い山陽小野田市日の出地区の飲食店。同地区の居酒屋、酒場ビッグ(柏村雅彦店長)は、暗い夜空を照らし始める朝日と地区名を重ね、以前のようなにぎわいが戻ることを願って、店舗の外側に大きな4枚の「日の出」の写真を並べている。     「日の出は希望とともにやってくる」と、市内の看板製作業者に依頼して取り付けた。1枚が130×200センチの大きさで、道沿いの店舗外壁をほぼ覆っている。4枚のうち2枚は、縁起を担いで富士山のご来光を採用した。    いずれの写真も自然がつくり出す鮮やかな色合いが目を引き、日が暮れると、店内の明かりが透過して一層際立つ。伊藤仙ビル1階に入居し、すぐそばにJR小野田駅の駐輪場があるため、多くの駅利用者らも楽しませている。    柏村店長は「地区名にもなっている日の出には希望に満ちあふれたイメージがある。明るい日の出の始まりとなり、地区内で多くの人に安心して飲食を楽しんでほしい」と話している。    店内には検温器とアルコール消毒を備え、各テーブル席の間には飛沫(ひまつ)感染を防ぐロールカーテンを設置するなど対策を講じ、市の「取組宣言店舗」に認定された。地区内の多くの飲食店でもさまざまな感染防止対策を施している。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク