全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別に4年ぶり新飲食店 村出身の細矢さん

村内中心部に居酒屋を開店した細矢さんと看板メニューの「タレかけザンギ」

 更別村上更別出身の細矢慶治さん(42)が居酒屋「食彩空間ほそや」(村更別南1線91)を開業した。細矢さんは「遅くまで働く人たちが立ち寄り、くつろげる場をつくりたい」と話している。村内に新しい飲食店が開店するのは4年ぶり。

 細矢さんは更別中央中、大樹高卒。札幌の調理師学校に進み、音更町の十勝川温泉や帯広市内で和食や中華料理の腕を磨いた。その後、千歳市に移住して居酒屋で勤務していた。

 40代になり、一念発起して独立の道を選び、両親が暮らす村に出店を計画。村商工会は昨年実施した需要調査で「居酒屋がほしい」との意見が寄せられていたこともあり、細矢さんをバックアップした。村はふるさと創生基金の新規開店等施設整備事業として認定、500万円を助成した。

 真鍋精肉店の南東側に新築した店内は、4人掛けのグループ席を4つ、カウンターに6席を用意。グループ席の1つは個室にした。料理はサラダや揚げ物、魚料理など約50品を提供する。

 看板メニューは「タレかけザンギ」(594円)。村内産の「つぶつぶでんぷん」を衣に鶏肉を揚げ、炒めたタマネギの甘みと果実酢の酸味がきいたたれが特徴という。また、マグロやタコなど魚介類の刺し身も自慢で、「帯広市内で働いた時に培った人脈で毎日、良い素材を仕入れる」と自信を見せる。

 11月30日にプレオープンし、1日から本格的に営業。今後は夜のメニューを見直しながら、昼の営業も検討している。

 午後5時~翌午前1時。不定休。問い合わせは同店(0155・67・8089)へ。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク