全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

育てた幼魚諏訪湖に放流 高島小3年1部

魚に感謝して諏訪湖に放流する高島小3年1部の子どもたち

 諏訪湖の魚を増やすための環境作りに取り組む諏訪市高島小学校3年1部は6日、育てきたフナやモロコなどの幼魚約1000匹を同市豊田の小川船着場で諏訪湖に放流した。白紙単元(総合的な学習の時間)の一環。20人が魚に学んだことの感謝を込めてバケツから放し、3年間の学びのまとめに入った。

 1年生の時にオタマジャクシを飼い、生き物が住みよい池作りから始まった学習。昨年の諏訪湖の魚類大量死を受けて魚を1匹でも多く増やしたいと、諏訪湖漁業協同組合の「高島小支部」として活動し、同漁協の藤森一彦さん=小川=らから協力を得た。同校の池をビオトープのように環境を整え、魚をふ化させ、夏の水温上昇対策を考えた。諏訪湖のヒシ取りや浅瀬の生き物観察もして、魚のための環境や自分が出来ることを考え実践してきた。

 放流前に船着場周辺のごみ拾いをした。1人ずつ「ヒシやヘドロを取っていい環境にしたい」などと決意や願いを発表。「ありがとう」と魚に声を掛けて放し、別れを惜しんだ。飯山結さん(9)は「もっといい環境の中で生きられるようにしていきたい。魚たちが大きくなって元気に泳いでほしい」と話していた。

 今後は学習の成果を全校や地域への発信を予定している。星野こず恵教諭は「自分で積極的に調べ、考えを人前で発表できる力もついた。ごみを捨てるような人間にはならないと思う」と3年間の子どもたちの成長を喜んでいた。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク