全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

休耕田でソバ収穫 11月下旬から提供へ

大型農機具を使ったソバの収穫(田辺市龍神村安井で)

 和歌山県田辺市龍神村のNPO「ええとこねっと龍神村」は20、21日、休耕田で栽培していたソバを収穫した。11月下旬に龍神村甲斐ノ川にある飲食店「そばと農園和わく」で、新ソバとして提供する予定。
 龍神村の農家ら16人から休耕田を借りてソバを約2ヘクタールで栽培している。種まきは8月14日と18日にしたが、甲斐ノ川の田は生育が悪くてまき直したという。
 種まきをして1カ月ほどして白い花が咲いた。今年の作柄は全体的に例年並み。一部の田では獣害や台風の影響で倒れたり、激しい雨で水につかったりして育ちが悪く、収量は昨年の220キロを下回るとみている。
 21日は龍神村安井の田で、ソバ専用の大型刈り取り機を使って収穫した。実は茎や土などと選別したり乾燥させたりした後、堺市の業者に依頼して製粉してもらう。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク