全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

雨にも負けずテント泊 扇ケ浜でキャンプイベント

雨の中でもキャンプを楽しむイベント参加者(和歌山県田辺市の扇ケ浜で)

 和歌山県田辺市の扇ケ浜で17、18日に手軽にアウトドアを楽しむイベント「SHIOGORI CAMP(シオゴリ キャンプ)」があった。2日間限定のキャンプ場には、雨の中、約50のテントがずらり。マルシェやアウトドア体験などの催しで盛り上がった。
 市街地のすぐ隣に広がる海と砂浜の魅力を感じてもらおうと、有志が立ち上げた「Kii Days(キーデイズ)実行委員会」(福田聖実行委員長)が主催、紀伊民報後援。新型コロナウイルス対策をした上でのイベント開催の可能性を探る社会実験として、参加者は県内に限定した。
 17日は朝からあいにくの雨だったが、家族連れやカップルは雨を防ぐタープを設営し、読書をしたり、たき火をしたりしながら、扇ケ浜のロケーションを満喫した。
 家族4人で訪れた上富田町朝来の会社員、境丈晴さん(32)は「キャンプはまだ3回目で、雨は初めて。コロナ禍で旅行が難しい中、新しい趣味として始めたところ、すっかりはまった。雨だけれど、6歳と5歳の子どもが早く行きたいというので、昼前から来た。屋台も出ているので楽しみ」と話した。
 全国のキャンプ場を訪れているという田辺市内の男性は「海が見えるキャンプ場はあるけれど、すぐそばというロケーションは他にない。キャンプブームが来ている。毎週末か月に1回でもキャンプ場として開放すれば、全国的に注目されるはずだ」と話した。

関連記事

紀伊民報社

『光の海』で心明るく 白良浜で電飾 21日から

 和歌山県白浜町商工会青年部は21日、白良浜護岸で電飾イベント「シーサイドイルミネーション」を始める。16日夕には試験点灯があり、鮮やかな色が浮かび上がった。  冬の白良浜を楽しんでもらおうとい...

二階堂さんら招き豊橋で「エール」イベント

 NHKの連続テレビ小説「エール」のヒロインのモデル、古関金子(1912~80年)の生涯に迫るイベント「古関金子さんの知られざる生涯と豊橋」が14日、市公会堂であった。ドラマで「古山音」役を演...

紀伊民報社

カラフルなTシャツできた アート体験イベント

 和歌山県白浜町日置のリヴァージュ・スパひきがわでこのほど、海岸の漂着物を使って、アート体験を楽しむイベントが開かれた。地域の子どもたちが参加し、カラフルなTシャツや楽器作りを楽しんだ。  来年...

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業 帯広

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク