全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アイヌ文化 見て聞いて 帯広でふれあう集い

帯広カムイトウウポポ保存会がアイヌの伝統舞踊を披露した集い

 「アイヌ文化にふれあう集い」が18日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。伝統儀式「カムイノミ」や伝統舞踊などが披露された。

 帯広アイヌ協会(笹村昭義会長)が主催し11回目。同協会、市、とかちエテケカンパの会、帯広カムイトウウポポ保存会によるアイヌ生活文化展と同時開催。

 カムイノミの儀式後、笹村会長があいさつし、「市民がアイヌ文化に興味を持って来場してくれたことがうれしい。見て、聞いて、アイヌ文化を楽しんでもらえれば」と述べた。

 帯広カムイトウウポポ保存会のメンバーが古式舞踊や伝統楽器ムックリの演奏を披露、アイヌのお笑いコンビ「ペナンペパナンペ」の川上竜也さんのショーも催された。

 会場ではオハウ(煮込み汁)をはじめ伝統料理の試食が行われ、アイヌ文様刺しゅうなど工芸品も展示された。友達と来場した男子児童(帯広啓西小6年)は「アイヌの人々がどのような道具を使って生活していたのかを知ることができた」と話していた。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク