全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

山の恵みたっぷりと 出羽三山の新しい魅力 山菜使った新ブランド開発

 出羽三山の魅力を発信する団体「OurDewasanzan(アワデワサンザン)」(高城豪代表、羽黒山表参道中央二之坂茶屋)と鶴岡市の出羽三山神社羽黒山参籠所斎館(伊藤新吉料理長)はこのほど、三山地域で採れた山菜などを使った商品ブランド「SAI(サイ)」を立ち上げ、16日、斎館で新商品の発表会を行った。

 発表されたのは、今春に採れた山菜を使った「干しわらびの松前」「山蕗(やまふき)とふきのとうの味噌(みそ)」「山うどと紫蘇(しそ)穂の味噌」の3つ。新型コロナウイルスの影響で斎館への来訪者が減少し提供する機会がなくなっていた山菜を、遠方からの来訪が叶(かな)わない人をターゲットに開発された。SAIには山菜や山の恵みを意味する「菜」、清め・精進潔斎を表す「斎」、循環・再生の「再」、3つの「さい」の意味が込められている。

 同日の発表会には市や地元観光協会などの関係者約20人が出席。同神社職員や高城代表らが商品の開発経緯、概要などを説明したあと、伊藤料理長が同商品を調味料として使用したアレンジ料理を披露。山ウドのみそをマヨネーズに混ぜ、タルタルソースにしてエビフライにのせたり、溶き卵に混ぜて卵焼きにするなど、家庭でも簡単に調理できる手軽さや活用の幅広さを伝えた。参加者は料理を写真に収めたり、レシピに耳を傾けてメモを取ったりしていた。

 伊藤料理長は「コロナの影響で来訪が減り、開館自粛の時期もあって山菜が採れても提供できない状況が続いた。山の幸が無駄になってしまうことや山菜を採ってくれる人のことを思うと、何らかの形にして皆さんに届けたいと思っていた。SNSやホームページなどでも発信していきたい」と話した。今回披露したアレンジ料理は来年、12年に一度巡って来る「出羽三山丑歳御縁年」にちなんだ特別メニューとして、斎館での提供を視野に入れていきたいという。商品は1個850円(税別)で、手作りの稲わらでパッケージされた3種セット(2400円、税別)も用意。現在、専用ホームページ「出羽三山のある暮らし」での受注を始めており、注文を受け次第製造し、発送される。斎館でも販売し、今後、地元商店街などに販路を広げていく。詳細は同ホームページまで。

出羽三山地域で採れた山菜などを使った新ブランド「SAI(サイ)」の商品

鶴岡市の出羽三山神社羽黒山参籠所斎館で行われた商品発表会。伊藤料理長が商品を使った料理を披露した

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク