全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

師の遺志継ぎ再出発 奥村さんオランジュ跡で仏料理店 帯広

 昨年6月に50歳で急逝した渡辺雄二さんがオーナーシェフを務めた帯広市内のフランス料理店「オランジュ」(西3南9)。渡辺さんのもとで働いた奥村彰教さん(53)が師の遺志を継ぎ、9月末、フランス料理店「メゾン・ド・ルミエール」として同所で再出発した。奥村さんは「今もシェフ(渡辺さん)が見守ってくれている気がする。くつろげる店にしたい」と話している。

オープンした店内で「渡辺シェフには今でも見守られている気がする」と話す奥村さん

 奥村さんは1967年岐阜県生まれ。大学時代に出会った妻の美香さんが帯広出身だったこともあり、帯広などでサラリーマンを経験した。幼少期から実家でおせち料理を作るなどし、30代半ばを過ぎた頃、料理への抑えがたい思いに再び火が付き、帯広調理師専門学校の門をたたいた。

 卒業後、縁あって幕別町内のホテル「オーベルジュ・コムニ」(当時)で飲食業界に入り、シェフを務めていた渡辺さんと出会った。

 奥村さんは、渡辺さんのオランジュ開業時(2007年)からマネジャーを務めた。師弟関係にありながら、固い信頼で結ばれていた2人。奥村さんは師から調理方法だけでなく、お客の立ち居振る舞いを見ながら味付けを変えるなどの心構えを学び、55歳の頃の独立を目指していた。

 昨年6月に渡辺さんが病気で亡くなり、店は閉店。奥村さんは「心に穴が空いたようで何もできなかった。シェフは自分にとっての料理の全てだった」と振り返る。昨年末に一念発起し、オランジュ跡での開業へ始動。周囲の協力もあり、コロナ禍の中でも9月末にオープンにこぎ着けた。

 店名はフランス語で「明かりの家」を意味する。奥村さんは「今でもオランジュのことを思い出して来てくださる方もいる。落ち着いてゆっくりと食事できる空間にしたい」と話す。ランチは前菜などメイン付きで1200円。ディナーは4500円と8000円のコースがあり、厳選したワイン約40種類をそろえた。

 日曜定休。ランチ(午前11時半~午後3時)は火・木・土曜のみ。ディナー(午後6時~同10時半)はコースのみ。ラストオーダーは閉店1時間前。問い合わせは(0155・67・0704)へ。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク