全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

創立100周年祝い思い校舎に投影 鶴岡工業高定時制生徒会

 今年で創立100周年を迎えた鶴岡市の鶴岡工業高校(百瀬克浩校長)で15日夜、定時制生徒会による「夜の映写会」が開かれた。定時制ならではの夜の闇を生かし、自分たちで作った映像を校舎壁面に投影したもので、定時制の歴史や「この学校に通えることに感謝」など学校への思いを披露した。

 同校は1895(明治28)年に開設された鶴岡町立鶴岡染織学校を前身に1920(大正9)年、県立鶴岡工業学校として創立。4年制の定時制は1948(昭和23)年に3科(電気、機械、建築)でスタートし、現在は1科(工業技術)に10―20代の16人が通う。本年度は学校を挙げて100周年記念事業に取り組む中、定時制生徒会でも8月末から「定時制ならではの企画を」と準備した。

 制作した映像は、▽定時制を含む学校の歴史▽定時制の生徒の活動(各種大会での入賞や生徒総会、授業や給食など学校生活)▽在校生の言葉(100周年への思いや自分の目標など)―の3部構成。写真や文字で約10分間にまとめた。

 この日は、授業終了前後の午後8時45分と9時5分の2回、4階建て本校舎西側の壁面に、縦約4・5メートル、横約8メートルの大きさで投影した。

 在校生の言葉では「節目に立ち会えて良かった」と100周年への祝意を示すもののほか、「4年次生なので、卒業まで体調を整え、休まず登校したい」「10年後の自分へ。しっかり働き親孝行して幸せに暮らしていてほしい」「この学校に通えることに感謝し、これからの日々を大切に過ごしたい」など、自分の目標や周囲への思いをしたためたものも。闇の中にくっきりと浮かび上がる映像を、集まった生徒や家族は目に焼き付けるように見つめていた。

 樺山愛乃生徒会長(18)=3年次生、鶴岡市藤島=は「この学校に通うことで、自分は良い意味で変わることができた。記念の年にこの学校に通えてうれしい」。県立高校再編計画に基づき定時制は2022年3月に募集を停止し、25年3月に閉課することが決まっている。「残念だが、私たちが社会に出て活躍することで歴史をつないでいきたい」と語った。卒業後は進学を希望しているという。

 映像は16日も同時間帯、旧体育館外壁に投影。

鶴岡工業高定時制の生徒たちが学校への思いなどを校舎壁面に投影=15日午後9時ごろ

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク