全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

羽黒山バイパス3.2キロ 11月8日 全線開通

 鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山バイパス」(約3・2キロ)について、県庄内総合支庁は14日、来月8日(日)午後2時に全線開通すると発表した。新設した「羽黒山神路大橋(はぐろさんかみじおおはし)」で当日午前10時から開通行事が行れる。同バイパスはこれまでに一部区間が完成し部分供用されてきたが、事業着手から30年の歳月を経て全線開通の運びとなった。

 鶴岡羽黒線の手向地区は道路幅が狭く急勾配のカーブが続き、特に冬季間はスリップなどによる渋滞や事故が発生している。主要地方道を管理する県は、こうした交通障害を解消するとともに、月山、羽黒山へのアクセス機能の向上を目的に、1990年度からバイパス道路新設による道路改良事業をスタート。現道の山岳部南側に迂回(うかい)路の建設を進めた。

 2000年度と05年度に一部供用を開始。京田川祓(はらい)川(がわ)に架かる橋を含め残る約1・5キロ区間の工事が続いていた。祓川をまたぐ羽黒山神路大橋は全長272メートル。耐候鋼材を用いた国内有数の連続曲弦トラスト橋。アーチ型の橋脚間は142メートルあり、県管理の橋の中では2番目の長さという。18年度に上部工架設工事を終え、橋がつながっていた。バイパス全体の総事業費は約73億円。

 新設の橋の名称は、鶴岡市の公募によって決まった。11月8日の開通行事は施工業者主催の安全祈願祭に続き、鶴岡市と地元の主要地方道鶴岡羽黒線整備促進期成同盟会(勝木正人会長)の共催で羽黒山神路大橋の渡り初めを行い、同橋の完成とともに羽黒山バイパスの全線開通を祝う。

羽黒山バイパスが11月8日に全線開通する。写真は朱塗りの高欄が目印となっている「羽黒山神路大橋」。写真中央上部が羽黒山頂

関連記事

荘内日報社

家庭で余った食品を寄付して!! 公益大サークル「Liga」

 食品ロス削減に取り組んでいる東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生サークル「Liga」による「フードドライブ」が30(土)、31(日)の両日、同市松原南のスーパー・ト一屋みずほ通り店で行われ...

紀伊民報社

「一枚岩」スクリーンに クラウドファンディングで機材を購入

 和歌山県古座川町相瀬にある国指定天然記念物「一枚岩」をスクリーンに映画が上映される。当初、3月ごろに第1回映画祭を予定していたが、コロナ禍のために延期。主催者は収束していれば、10月ごろには開...

氷の妖精クリオネ 「かわいい」今年も人気-道の駅ウトナイ湖・海鮮パーク

 道の駅ウトナイ湖(苫小牧市植苗)のすし店、海鮮パーク(滝本博代表)でオホーツク海に生息し「氷の妖精」と称されるクリオネが今年も展示された。半透明の小さな体で泳ぐ姿が来館者の人気を集めている。 ...

茶の河野園 店頭で“氷まつり” 帯広

 「茶の河野園」を運営する河野産業(帯広市)の柳澤秀一代表(55)は、市西3南8の本店前で自作のアイスキャンドルを並べ、道行く人の目を楽しませている。店舗前の美化と、コロナ禍で奮闘する医療関係者ら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク