全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「星野リゾート 界ポロト」22年1月に開業へ、湖望む客室でアイヌ文化を体感

 総合リゾート運営会社の星野リゾート(本社長野県軽井沢町)は、白老町若草町1のポロト湖畔で建設中の高級温泉旅館「星野リゾート 界ポロト」を2022年1月に開業する。民族共生象徴空間(ウポポイ)に隣接する施設は全室、湖に面した42室を備え、アイヌ文化を体感できるこだわりのサービスを提供する。

いろりを設けた旅館ロビーのイメージ図=星野リゾート提供

 「界」は、全国で展開する同社の温泉旅館ブランド。ポトロ湖畔に設ける「界ポロト」の建物は4階建て、延べ床面積4900平方メートル。湖畔の敷地9960平方メートルの中央部にロビー棟や42室の宿泊棟、湖岸に露天風呂の温泉施設を整備する。別棟で日帰り用の浴場施設も設ける計画だ。

 施設は「アイヌ民族の暮らしや自然観、家族観」をデザインコンセプトとし、全客室から四季折々の美しい湖の景色が眺められるように設計。ロビーは白樺林をイメージし、ラウンジにはアイヌ民族の昔の暮らしの雰囲気を醸し出すいろりを設ける。モール温泉が楽しめる浴場施設は、アイヌ民族の伝統建築・丸太組み3脚構造を参考に建設し、湖上で湯小屋が集落のようにたたずむような幻想的な景観とする。

 同社は湖畔の用地で5月に工事を始め、現在、施設本体の建設を進めている。来年春以降、建物周辺の舗装や植栽など外構工事に取り掛かる予定だ。同社は「ウポポイの関係団体と連携しながら、アイヌ文化や異なる民族との共生を体感できるよう、こだわりのおもてなしを提供していく」としている。

 同社は、年間100万人の来場を目標に掲げたウポポイの開設を見据えて、白老に温泉旅館を開業する計画を立て、18年6月に白老町とパートナーシップ協定を締結。旧ポロト温泉跡の町有地を取得した。当初は20年度中のオープンを目指していたが、施設レイアウトの見直しなどで着工がずれ込み、21年度の開業となった。

関連記事

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

郡内各地で今季最低気温 石垣市盛山20・2度観測

 八重山地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で最低気温が石垣市盛山で20・2度、西表島大原で20・6度、与那国島で21・0度などと郡内8カ所の観測地点全てで今季最低を記録した。24日も引...

長野日報社

洋ギク「諏訪マム」ブランドへ 茅野で初の展示会

茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で23日、同市泉野のキク生産者、鈴木紘平さん(41)、仁美さん(29)夫妻らが「洋ギク(マム)」の展示会を開いた。富士見町と原村の先輩農家が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク