全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「オムツをはいたネコ」電子書籍に、下半身に障害の猫との生活つづる

 苫小牧市柏木町在住の佐久間良一さん(70)が2010年に自費出版したエッセー「オムツをはいたネコ」が電子書籍となり、インターネット上で販売されている。下半身に障害を負った飼い猫の「ネコさん」と暮らした16年間をつづったノンフィクションで、佐久間さんは「ぜひ多くの人や子どもたちに読んでほしい」と話している。

いろりを設けた旅館ロビーのイメージ図=星野リゾート提供

 佐久間さんの愛猫、ネコさんは、30年以上前に知人からもらい受けたオス。人懐こく、やんちゃな猫だったが、飼い始めてから1年ほどたったある日、不慮の事故で背骨と右後ろ足を骨折。排せつと歩行に障害が残ったが、16年の生涯を精いっぱいに生き抜いた。

 佐久間さんは1995年、苫小牧民報のコラム「ゆのみ」にネコさんへの思いをしたためた。その後、動物虐待が大きな社会問題となり、市内でも虐待事案が発生したことから、「動物の命について考えてもらうきっかけになれば」と本の出版を決意。コラムに加筆して2010年11月、文芸社から自費出版した。

 それから10年がたった今年、東京都内の出版社22世紀アートの働き掛けで電子書籍化し、タイトルを「オムツをはいた猫 猫さんが虹の橋を渡るまでの16年間」に改めた。ネコさんとの出合いや事故に遭ったときの様子、時に悩み時に笑いながら過ごした日々を飾らない言葉でつづった内容は、紙の本と同じだ。

 佐久間さんは電子化で「手に取ってもらいやすくなったのでは」と笑顔で語り、「動物虐待はなくなっていない。命の重さと同時にプラス思考で生きることの大切さを、ネコさんから感じてほしい」と願いを込めた。

 同書はインターネット通販サイト「amazon(アマゾン)」で「Kindle(キンドル)版=電子書籍」として販売。1冊600円。購入方法や読み方の問い合わせは22世紀アート 電話03(5941)9774。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク