全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「井戸尻縄文王国」の祭式17日ネット配信 長野県富士見町の井戸尻考古館

例年、実行委メンバーらが収穫祭で踊る「くく舞」の奉納。今年は小松館長が単身奉納する(写真は2019年10月20日の様子)

 富士見町の井戸尻考古館は、縄文時代の精神文化と祈りを考察、表現した「井戸尻縄文王国」の祭式を17日夜、インターネットで初配信する。例年、この時期に開く収穫祭のイベントが新型コロナウイルスの影響で中止となったため、同夜、関係者のみで行う祭式をより多くの人に見てもらうチャンスとした。

 祭式は長年の発掘、研究から「縄文時代に農耕が行われていた」と する独自論に基づき、土器の文様を読み解いて当時行われたであろう祭礼や儀式を考察して創作、実演する。2002年、藤内遺跡の重要文化財指定を記念して王国祭を開くにあたり作った。

 式は収穫を感謝し、翌年の豊作を祈る「初穂の奉納」と「神話再現」、「くく舞」の奉納の3部で構成し、例年は王国収穫祭の会場で行う。これまでは実行委員会メンバーも一緒に踊った舞は小松隆史館長が単身、奉納。たき火を前にして、祭祀の神秘性を高める演出も計画中だ。式の後は富士見太鼓保存会が演じる縄文太鼓連・ジミフコダが演奏、配信動画は約1時間を予定する。

 小松隆史館長は「祭式は井戸尻縄文文化の核を表現したもの。時の情勢に影響されるものでなく、欠かさず行うことこそが井戸尻縄文人の精神性の再現になる。今回はインターネットでの配信でより多くの人に理解を広げられそう」と話している。

 配信の詳細は決まり次第、考古館のホームページで案内する。

関連記事

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

郡内各地で今季最低気温 石垣市盛山20・2度観測

 八重山地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で最低気温が石垣市盛山で20・2度、西表島大原で20・6度、与那国島で21・0度などと郡内8カ所の観測地点全てで今季最低を記録した。24日も引...

長野日報社

洋ギク「諏訪マム」ブランドへ 茅野で初の展示会

茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で23日、同市泉野のキク生産者、鈴木紘平さん(41)、仁美さん(29)夫妻らが「洋ギク(マム)」の展示会を開いた。富士見町と原村の先輩農家が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク