全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部まつり前に石炭餅を奉納

きねを振るう和田会長(左)と徳原委員長(中津瀬神社で)

 11月1日午前11時からオンラインで開かれる第69回「宇部まつり」の撮影が13日、新天町2丁目の中津瀬神社で行われた。市曳山事業実行委員会(会長・和田誠一郎副市長)のメンバーらが石炭餅を奉納し、まつりの成功を願った。    同実行委は、毎年本祭で宇部まつりのシンボルでもある曳山(ひきやま)パレードを行っている。この日は関係者ら20人が参加し、当日配信予定の餅つきや神事を撮影した。    用意されたもち米は5㌔。最初に宇部まつり実行委員会の徳原幹男委員長(宇部観光コンベンション協会会長)と和田会長がきねを振るい、杉下秀幸宇部まつり実行副委員長(宇部商工会議所会頭)、第29代曳山頭の井原八郎さん、市自治会連合会の木下昇副会長、曳山実行委の茂山守委員長、商議所青年部の井上剛治会長、若き経営者の会の原洋司会長が続いた。    つき上がった餅は本殿に奉納し、茂山委員長と井上会長が徳原委員長と杉下副委員長に献上。残りの餅は出席者全員に振る舞われた。同神社の丸茂雄治宮司による神事も執り行われた。    茂山委員長は「市制施行100周年に向けて今年はパレードに参加したかったが、実行委もコロナ禍の中、苦渋の選択だったと思う。オンラインで祭り気分を味わい、来年感染症が落ち着いたら盛大に行われることを祈っている」と話した。    石炭餅の奉納は宇部商議所青年部が発案し、2008年の第57回から実施。市発展の礎である石炭を模して、竹炭パウダーが練り込まれている。  

関連記事

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

郡内各地で今季最低気温 石垣市盛山20・2度観測

 八重山地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で最低気温が石垣市盛山で20・2度、西表島大原で20・6度、与那国島で21・0度などと郡内8カ所の観測地点全てで今季最低を記録した。24日も引...

長野日報社

洋ギク「諏訪マム」ブランドへ 茅野で初の展示会

茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で23日、同市泉野のキク生産者、鈴木紘平さん(41)、仁美さん(29)夫妻らが「洋ギク(マム)」の展示会を開いた。富士見町と原村の先輩農家が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク