全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

おもてなし力お墨付き、久恵比寿が「トラベラー・フレンドリー金認証」

 苫小牧市や近郊で回転すし店「クリッパー」「旬楽」などを展開する久恵比寿(同市新富町)は、経済産業省の「おもてなし規格認証制度」で、一定のサービス品質を保ちながらインバウンド(訪日外国人旅行者)対応に積極的な事業所に与えられる「トラベラー・フレンドリー金認証」を市内で初めて取得した。同社は「創業60周年の節目に、おもてなしの認証を取得できてうれしい」と喜んでいる。

おもてなし規格認証制度のトラベラー・フレンドリー金認証取得を喜ぶ従業員たち

 同制度を運用する一般社団法人サービスデザイン推進協議会(東京)などによると、認証日は7月31日で、認証書の発行は9月11日付。本社と市内外6店舗の計7事業所で同認証を取得した。1960年の創業以来、接客力向上に力を注いできた同社は「おもてなし力」を評価する国の制度を探していたといい、今年3月に申請した。

 新型コロナウイルス流行下のため、店内などの写真を第三者認証機関の一つである日本CSR協会(東京)に送付。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った聴き取り調査などの結果、「経験や勘のみによらずIT(情報技術)を利用した情報の可視化・一元管理が行われている」「在籍年数が10年を超える外国人従業員がいる」ことなどが高く評価された。

 来店客に占めるインバウンドの割合は旅行客の利用が多い旬楽千歳店で5%ほど、店舗全体で3~4%。メニューの英語、中国語、韓国語表記や中国人スタッフなどの配置を進め、日本人スタッフが英語と中国語、韓国語の勉強会を開いて対応力を磨く。

 調理技術研修、マネジメント外部研修などを用意し、キャリアパス(キャリアアップの道筋)提示による社員の働きがい向上にも努めてきた。畑中稔社長は「安心、安全を貫き、これからも『いつもおいしいね』と言ってもらえる店舗運営をしていく。どの国の人が来ても使い勝手の良い店にしたい」と力を込めた。

 おもてなし規格認証制度は経産省がサービスの品質を見える化し、業界の活性化、生産性向上につなげようと2017年に創設した。地域との関係づくりを含む30項目で審査され、金認証は紫認証、紺認証に次ぐ位置付け。「顧客の期待を上回るサービスを提供している事業者」のお墨付きで、インバウンド対応にも積極的な事業所には、トラベラー・フレンドリー認証が与えられる。

関連記事

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

郡内各地で今季最低気温 石垣市盛山20・2度観測

 八重山地方は23日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で最低気温が石垣市盛山で20・2度、西表島大原で20・6度、与那国島で21・0度などと郡内8カ所の観測地点全てで今季最低を記録した。24日も引...

長野日報社

洋ギク「諏訪マム」ブランドへ 茅野で初の展示会

茅野市のJR茅野駅前ベルビア2階のワークラボ八ケ岳で23日、同市泉野のキク生産者、鈴木紘平さん(41)、仁美さん(29)夫妻らが「洋ギク(マム)」の展示会を開いた。富士見町と原村の先輩農家が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク