全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

貨物駅も完成 再開待つ「十勝晴駅」 きょう「鉄道の日」 音更

細部まで作り込まれた貨物ターミナル

 音更町内の穂積規さん(60)が運営する鉄道博物館「十勝晴駅」(同町柳町南区12)が、オープンから6年たった今も、日々進化を続けている。新型コロナの影響で休館が続くが、展示を充実させるための「準備期間」と前向きに捉え、来年の再開を目指す。きょう10月14日は「鉄道の日」-。

 新しい展示品の導入やジオラマの製作が進む館内。目を引くのが、このほど完成した「貨物ターミナル」だ。帯広市内にあるJR貨物の帯広貨物駅(西20南1)がモデルで、常連の有志らとともに約1年かけて完成させた。ポイントは、構内を照らす「ヤード灯」。部屋の明かりを消すと、レールが光り輝き、夜のターミナルが浮かび上がる。

 「新しい世代に鉄道文化を引き継ぐことが、十勝晴駅の次のステップ」と話す穂積さん。思考を巡らせながら、再開の日を待つ。

<鉄道の日>
 国土交通省によると、1872(明治5)年10月14日に新橋-横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを受け、1994(平成6)年に制定された。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク