全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

崋山の遺品など特別展

田原市博物館

 渡辺崋山(1793~1841年)の遺品や書簡など関連資料を集めた特別展が、田原市博物館で開かれている。生涯で描きためた書画の一部のほか、晩年の「蛮社の獄」(1839年)で捕らわれの身となった様子を題材にした素描、蟄居(ちっきょ)先で自刃に及ぶ直前にしたためた遺書など珍しい資料も多数並ぶ。11月29日まで、月曜日(祝日の場合は翌日)休館。  毎年命日の10月11日に合わせて特別展を開いている。今年は蛮社の獄で蟄居となり、晩年を過ごした田原藩で残したものなど、重文資料29点を含む36点を展示した。

 晩年の資料が並ぶ一角には、自害に先立ち、息子立(たつ)や一番弟子の椿椿山に宛てた書簡と書がある。周囲が遺書と察知し、一度は事なきを得たが翌日帰らぬ人となった。  椿山への遺書では自刃への覚悟などがつづられている。蛮社の獄の際に宛てた書簡は「慎機論」を書いたいきさつとして「一夜で書いたつまらないもの」と弁明。さらに「内容も覚えておらず、罪に問われるのは残念無限」と自ら招いた災いを悔やんでいる。  蟄居を命じられた罪人であったため、墓標替わりにと書いたのが「自筆墓表」だ。「不忠不孝渡辺登」と書かれた掛け軸で、母に見つかりそうになり、慌てて巻いたときできた墨の跡が最期の生々しさを伝えている。  一方、生涯絵を描き続けた崋山の人柄がにじむ資料もある。  投獄時の記憶を頼りにつくった「獄廷素描及び記録」は、役人から後ろ手に縛られる自身の姿を描いた。  尋問のシーンでは崋山の前に飯茶碗を乗せた膳が置かれ、昔の刑事ドラマで登場した「かつ丼を目の前にする容疑者」のような珍しい構図だ。  旅先でも、死を覚悟した最晩年でも創作を続けた崋山の生きざまが表れている。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク