全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

崋山の遺品など特別展

田原市博物館

 渡辺崋山(1793~1841年)の遺品や書簡など関連資料を集めた特別展が、田原市博物館で開かれている。生涯で描きためた書画の一部のほか、晩年の「蛮社の獄」(1839年)で捕らわれの身となった様子を題材にした素描、蟄居(ちっきょ)先で自刃に及ぶ直前にしたためた遺書など珍しい資料も多数並ぶ。11月29日まで、月曜日(祝日の場合は翌日)休館。  毎年命日の10月11日に合わせて特別展を開いている。今年は蛮社の獄で蟄居となり、晩年を過ごした田原藩で残したものなど、重文資料29点を含む36点を展示した。

 晩年の資料が並ぶ一角には、自害に先立ち、息子立(たつ)や一番弟子の椿椿山に宛てた書簡と書がある。周囲が遺書と察知し、一度は事なきを得たが翌日帰らぬ人となった。  椿山への遺書では自刃への覚悟などがつづられている。蛮社の獄の際に宛てた書簡は「慎機論」を書いたいきさつとして「一夜で書いたつまらないもの」と弁明。さらに「内容も覚えておらず、罪に問われるのは残念無限」と自ら招いた災いを悔やんでいる。  蟄居を命じられた罪人であったため、墓標替わりにと書いたのが「自筆墓表」だ。「不忠不孝渡辺登」と書かれた掛け軸で、母に見つかりそうになり、慌てて巻いたときできた墨の跡が最期の生々しさを伝えている。  一方、生涯絵を描き続けた崋山の人柄がにじむ資料もある。  投獄時の記憶を頼りにつくった「獄廷素描及び記録」は、役人から後ろ手に縛られる自身の姿を描いた。  尋問のシーンでは崋山の前に飯茶碗を乗せた膳が置かれ、昔の刑事ドラマで登場した「かつ丼を目の前にする容疑者」のような珍しい構図だ。  旅先でも、死を覚悟した最晩年でも創作を続けた崋山の生きざまが表れている。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク