全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝産小麦魅力知って スタンプラリー開催中 小麦ヌーヴォー

スタンプラリーの参加を呼びかける、はるこまベーカリーの栗原代表

 収穫したばかりの十勝産小麦を使った料理を味わう「とかち小麦ヌーヴォー」(実行委員会主催)が始まっている。参加店では十勝の特産品を詰め合わせたセットが当たるスタンプラリーなどを行っている。

 「とかち小麦-」は生産者、飲食店、消費者の3者を小麦でつなげようとする取り組み。今年で7回目で、全国202店舗で新麦を使用した商品を販売している。

 毎年、解禁日に合わせパンの無料配布を行っていたが、今年は新型コロナウイルスの影響で取りやめ、スタンプラリーを新たに企画した。

 スタンプラリーには管内のパン店とラーメン店の16店が参加。新麦使用の商品などを購入すると、1店につきスタンプ1個がもらえる仕組み。10日に始まり、11月30日まで実施する。8店以上、16店全店を回った人それぞれが賞品に応募できる。

 参加店のはるこまベーカリー(帯広市西19南5)では10日以降、4人がスタンプラリーに参加。同店は約8割の商品が新麦を使用している。

 栗原民也代表は「実際の収穫も体験したが、今年の小麦はここ数年で一番風味がいい。ぜひ各店の商品を食べ比べてほしい」とPRしている。

関連記事

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

バナナを使った商品開発 南山大生と田原の「マーコ」

 南山大学経営学部の川北眞紀子教授のゼミに所属する3年生6人は、田原市保美町の青果生産販売「マーコ」が伊良湖温泉水で育てたバナナを使ったせんべいなどの商品開発に挑戦中だ。今年度中に完成を目指す。 ...

長野日報社

24日は土用の丑の日 「うなぎのまち」岡谷市の店にぎわい 長野県

24日の「土用の丑の日」を前に、「うなぎのまち岡谷」として知られる長野県岡谷市内のうなぎ料理店や川魚店が、繁忙期を迎えている。稚魚の不漁や円安、物価高の影響で仕入れ値が高騰する中、値上げ幅を抑...

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク