全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

中心街にスーパー、空洞化に歯止め期待

開店と同時にぎわう店内

 宇部市新天町2丁目のボスティビルド1階に13日、まるき常盤通り店(河村晋一郎店長)がオープンした。レッドキャベツ新天町店の閉店から1年8カ月。市の目抜き通りにスーパーがよみがえり、待ち構えた買い物客が次々となだれ込んだ。    周辺の混雑を避けるためにあえて特売を設けなかったが、午前9時の営業開始前に約50人が集まり5分ほど早く店を開けた。店内では客たちが商品の配置を確認しながら、買い物を楽しんだ。「近くにスーパーができてうれしい。散歩がてらに来られる」「きれいだし、通路が広くて買い物しやすい」「コストコ商品があるので、広島まで遠出しなくて済む」などと感想。バスで訪れた90歳の女性もいた。    店舗の広さは1990平方㍍で、約50人が座れるパブリックスペースを設けた。コロナ対応で当面は密接しないよう大きなクマの縫いぐるみを配し、飲食物の持ち込みも控えてもらうことにした。生鮮食品、日用品をはじめ、生産者の直売コーナー「とれたて市場」やコストコ商品も充実。ビルの地下に60台、近くにも約40台の専用駐車場が整備された。営業時間は午前9時~午後8時。    「地域の皆さまに愛され、来ていただける店にしたい」と河村店長。宇部新天町名店街協同組合の熊谷満之理事長は「商店街の拠点ができて大変喜ばしく、ありがたいこと。コロナで厳しい折だが、人の流れに期待する。地元住民としては利便性が増し、空洞化も免れた」と感謝。足止め状態の旧宇部井筒屋の活用については「まちづくりの歩みを止めず、前を向いた議論をしてほしい」と切望している。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク