全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

おびひろ動物園の「うみ」13日に旭山へ エゾタヌキ

旭山動物園へ移動する「うみ」

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)で飼育するエゾタヌキ「うみ」(雌、4カ月)が、将来を見据えた血統管理などのため旭山動物園(旭川市)へ移動する。

 うみは芽室町で5月、きょうだい4頭と一緒に保護され、おびひろ動物園が引き取った。日本動物園水族館協会に加盟し、エゾタヌキを飼育している動物園は道内ではおびひろと旭山の2園のみ。

 旭山には雄3頭、雌4頭がいるが、高齢化が懸念されている。動物園の役割の一つ「教育・環境教育」としてエゾタヌキの生態を広く知ってもらうには安定した動物飼育のほか、血統を管理する必要があり移動が決まった。

 移動は13日に予定。おびひろ動物園によると、エゾタヌキは野生下では秋に巣立ちを迎え、性成熟は9~11カ月頃という。

 おびひろには現在、うみのきょうだい4頭(雄3頭、雌1頭)と「あん」(雌、8歳)の6頭がいる。担当の中山大志さんは「移動がエゾタヌキの次世代につながればいい。6頭で過ごす最後の週末になるので、動物園に足を運んでもらえれば」と話している。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク