全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

なぜ古賀村は消え失せた? 文献資料編纂会「尖閣諸島盛衰記」を発刊

 【那覇】尖閣諸島に関する資料の発掘や収集調査、整理保存などを行う学術団体「尖閣諸島文献資料編纂会」(新納義馬会長)はこのほど、「尖閣諸島盛衰記―なぜ突如、古賀村は消え失せた?―」(国際印刷)を発刊した。明治期に尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎氏の歴史を記している。

 同書は、日本財団や県内諸団体の事業助成を得て同会がまとめた2017年の調査報告書の一部を抜粋し、カラー版にしたもの。

 同書によると、古賀氏は1896(明治29)年に魚釣島や久場島などで開拓に着手。魚釣島に建てた本拠地「古賀村」は海産物やアホウドリ羽毛採取、鳥のはく製やかつお節製造で繁栄した。残存する記録では約100戸240人余の移住民でにぎわったとされる。

 一方、1912(大正元)年以降、古賀村の消息が途絶えた。アホウドリ乱獲などの略奪経営で採算が取れなくなって撤退したと紹介する風説があり、これに同会が疑問を持ち資料を調査。63年に石垣島測候所が出した「石垣島災害資料」で12年8月に尖閣諸島を台風が襲い、壊滅的な被害をもたらしたことを明らかにした。さらに古賀氏がアホウドリの捕獲制限をするなど保護策を講じていたことも解明した。

 ことしは古賀氏が亡くなって102年を迎える。同会の國吉眞古事務局長は「尖閣開拓の本当の姿や古賀氏の真の人間像を多くの県民に知ってほしい」と呼び掛けている。

 同書はB5判、165㌻。1500円(税込み)。市販はしておらず、同会のホームページ(https://senkakudmca.zouri.jp)やメール(senkakudmcaa@gmail.com)で注文できる。問い合わせは(098-884-1958)。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク