全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

寝太郎かぼちゃを寄贈、学校給食に

寝太郎かぼちゃを手渡す田尾組合長(左、市役所で)

 冬至に合わせて地元特産の「寝太郎かぼちゃ」を山口県山陽小野田市内の小・中学生に食べてもらおうと、JA山口宇部山陽地域露地野菜生産部会かぼちゃ生産組合(田尾光一組合長、70人)は4日、市教育委員会にカボチャ190キロを贈呈した。シチューの具材として、15~22日に市内19校の給食に出される。

 冬至の日にカボチャを食べると、風邪を引かずに健康に過ごせるという言い伝えにちなみ、地産地消と地元野菜に関心を持ってほしいとの願いを込めて2年前から提供。給食時間には校内放送などを通じ、生産者のメッセージと高い栄養価を子どもたちに伝える。市役所で行われた贈呈式には田尾組合長と山陽営農総合センターの平井勇所長が出席。田尾組合長は「子どもたちにおいしく食べてもらいたい。寒い時期を健康に過ごしてもらえれば」とあいさつ。藤田剛二市長は「地元食材のおいしさと質の高さを広めたい。地産地消の取り組みしっかり進めていく」と感謝した。

 寝太郎かぼちゃは2011年から地元のブランド野菜として売り出している。品種は「くりゆたか」で、果肉の濃い黄色とほくほくとした食感が特徴。今年は例年よりもやや小ぶりなものの、甘味が強いという。市場への出荷式は11日に山陽営農総合センターで行う。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク