全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

懸命なサケ間近で 魚道に遡上 十勝川

ととろーどの魚道を力強く進む秋サケ

 十勝川に、今年も秋サケが遡上(そじょう)している。体長70センチにもなるサケが産卵のため、必死に上流を目指している。

 十勝川河口から約43キロ上流に位置する魚道観察室「ととろーど」(幕別町相川127)では、ガラス越しに、サケがさかのぼる様子を間近で観察できる。施設の管理人岩堀嘉典さん(75)によると、昨年は1日で500匹以上を観察した日もあったが、今年は例年になく少なく、今月上旬は1桁台が続いた。

 それでも、雨で川の水位が上がった5日は約90匹、6日は約60匹を確認。魚道の強い流れを鉄砲玉のように越えていくサケがいる一方、流れに押し戻される姿も見られた。

 栃木県に住む男性(40)は10年近く、仕事で十勝を訪れた際に立ち寄るといい、「力強く泳いでいく姿は何度でも見たい」と話していた。

 サケの遡上は今月末ごろまで続く。同施設の開館時間は午前9時半~午後4時半。無料。問い合わせは管理する十勝エコロジーパーク財団(0155・32・6780)へ。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク