全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「野茶坊焼守り広げたい」 ALT、奄美で陶芸学び米へ帰国、工房開設に意欲

「野茶坊焼」唯一の弟子、セーラ・フェラーさん=9月1日、鹿児島県奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市名瀬の「野茶坊焼」窯元・池淳一さん(75)に弟子入りし、陶芸家を目指す外国人女性がいる。米国出身のセーラ・フェラーさん(25)。2017年から3年間、市内の外国語指導助手(ALT)として職場と工房を行き来する生活を続けてきた。今夏で任期を終え、28日に帰国。自身の工房開設とブランド確立を目標に掲げながら、「野茶坊焼を守り故郷へ広げたい」と意気込んでいる。

 セーラさんはフロリダ州生まれ。ミズーリ州のカンザスシティ美術大学で彫刻・粘土を専攻。浮世絵が大好きだったこともあり、日本の芸術についても学んでいた。先生の勧めもあって来日を決意し、卒業から3カ月後の17年8月にALTとして奄美市に着任した。  粘土を続けたかったセーラさんは同僚に池さんを紹介され、そのまま弟子入りを志願した。池さんいわく「最初で最後の弟子」。

 日中は県立奄美高校で英語を指導。放課後は同校の美術部に顔を出し、少し睡眠を取ってから午後10時ごろに工房へ。生活に慣れるまで苦労したが、「プロになりたいなら1時間でも30分でも、粘土に触るだけでもしなさい」という池さんの教えを守り、毎日工房へ通った。

作品を手に笑顔の師弟=9月1日、鹿児島県奄美市名瀬

 セーラさんは陶芸の魅力を「自分の作りたいものを自分の力で形にできる。どんな人が使うのか、どういう使われ方をするのか、焼き物の将来を考えて作るのが楽しい」と語る。池さんのもとで学ぶうち、粘土にも命があると思うようになったという。

 3年間の島暮らしを振り返り、「島は温かいし、人と人との絆が強い。やりたいことがあれば必ず誰かが世話を焼いてくれる。そこがいい。マイアミにも同じようなコミュニティーを築きたい」と話した。

 帰国後は双子の姉と工房を開く計画を立てており、「自分のブランドを作って、その中に野茶坊焼のシリーズも作りたい。野茶坊焼は私の陶芸のルーツ。最初で最後の弟子だから、守っていきたいしアメリカに紹介したい」と胸の内を語った。

 池さんは「基本は全部マスターしたはず。これからは努力というより経験。続けることが大切、頑張って」とまな弟子の背中を押した。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク