全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アート展で再出発 アイヌ発信 ハポネタイ 東京・清水

 清水町旭山の森が拠点のアイヌ文化発信プロジェクト「ハポネタイ」は28日から都内でアート展を開き、7年ぶりに活動を再開した。今後はアイヌの伝統的住居「チセ」作りの体験を提供する予定で、プロジェクトを進める帯広市出身の惠原詩乃さん(都内在住)は「アイヌ文化を通し、教育や福祉に関われる場にしたい」と構想を語る。

「ハポネタイ」の活動を再開し、都内でアート展を開く惠原さん(左)。右はsayoさん

 ハポネタイはアイヌ語で「母なる森」の意味。惠原さんの母るみ子さんが2006年に清水町・剣山の麓に約5ヘクタールの森を取得し、拠点を設けた。惠原さんと共に09年から、アイヌ関連のアート展やライブ、チセ作りなどを実施。13年で活動を休止し、拠点は売却する方針だった。昨年、清水町が活用に関心を示したことをきっかけに自分の気持ちと向き合った惠原さんは「拠点を残し、やりたいことに取り組みたい」と活動再開を決意した。

 拠点での活動再開は来年からの予定で、野生動物が多く、断水時には雪を溶かして使うこともある不便な環境を生かす。木材の重さを実感でき、木の皮をゆがき、ひもにするなど、先人の知恵を体験できるチセ作り体験を活動の中心に据える。「都会とはまったく違う体験。心のリセットができ、自然に生かされていると感じる。アイヌ文化や自然体験を基に自分と向き合うことで、今後の人生に生かせる要素がある」(惠原さん)と教育的効果を期待する。チセは数棟作り、村のようなコミュニティースペースを整備する計画。

 そのほか、アイヌや障害者アートの展示、ポストコロナを見据えたアイヌ語やアイヌ舞踊のオンラインワークショップも展開する。惠原さんは「清水町や地元の人と連携し、持続可能なハポネタイにしてきたい」と話す。惠原さんはアイヌとして踊りや歌の披露、講演会などでアイヌ文化を発信している。

 アート展「ハポネタイとアイヌアート展」は、都内中央区のギャラリーモーツァルトで10月3日まで。野外ライブやチセ作り、集いの無事を神に祈る伝統儀式「カムイノミ」などハポネタイの軌跡を写真で紹介。ハポネタイのロゴを制作したイラストレーターsayoさんの作品も展示している。ハポネタイの問い合わせは惠原さん(unukaran@gmail.com)へ。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク