全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

幕別のオリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評

 幕別町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たちにも贈られ、「着心地がいい」などと好評を得ている。

5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツ

 同交友会では町のPRや職員の一体感を目的に2017年から統一のポロシャツやエプロン、作業着を製作し、希望する職員が購入している。

 従来のポロシャツは背中に「幕別町」の文字が入り、「幕」の字にナウマン象、「別」の字にパークゴルフのクラブなどがあしらわれているが、「よりクールなデザインを」とオリンピアンのモチーフを取り入れた。

 町出身の現役オリンピアンは陸上の福島千里、マウンテンバイクの山本幸平、女子7人制ラグビーの桑井亜乃、スピードスケートの高木菜那、高木美帆姉妹の5選手で、いずれも町の応援大使を務める。

 ポロシャツのデザインは外部に委託し、5人のシルエットに名前と競技、出場した五輪大会名を記した。3色展開で、黒と紺地には黄色のプリント、白地には黒のプリントとし、職員から67枚の注文があった。

 7月末の納品後、町教委を通じて各選手に届けられ、このうち高木姉妹には帰省に合わせて直接手渡したという。山本選手からは「汗をかいてもいい素材なので今にぴったり」、桑井選手からは「着心地がいい」との声が寄せられた。

町役場職員交友会から贈られたポロシャツを手にする(左から)高木美帆選手、菜那選手(同交友会提供)

 従来のポロシャツデザインに採用している「幕別町」の文字入りステンレスボトルも新たに製作し、こちらも選手たちにプレゼントした。

 同交友会総務部副部長の鈴木逸斗さんは「町職員が一体感を持って仕事ができれば。町職員としてもオリンピアンを応援したい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク