全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

複製が完成した「蓼科日記」を見る山内代表理事(左)ら=茅野市の「新・雲呼荘 野田高梧記念蓼科シナリオ研究所」

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完成し、19日に披露された。経年劣化した原本を汚れも含め忠実に再現。半世紀以上前に蓼科でシナリオを練った当時の様子を垣間見ることができる。

 A5判の蓼科日記は蓼科にあった野田の山荘「雲呼荘」に置かれ、来訪者が自由に書き込んだ。小津監督が初めて蓼科を訪れた54年8月から始まり、野田が亡くなる68年9月まで続いた。俳優の佐田啓二、笠智衆ら約70人が記入した。野田の死後、雲呼荘は取り壊され、妻の静が近くの山荘で日記を保管。同山荘を改修して2016年に開館した「新・雲呼荘 野田高梧記念蓼科シナリオ研究所」が日記を継承した。

 古文書の復元に取り組む富士ゼロックス京都(京都市)が同所の依頼を受け、19年2月から複製作業を開始。原本をデジタルデータ化し、編集、製本した。黒白の濃淡を出し、鉛筆書きの文字が読みやすくなったという。

 新・雲呼荘で開かれた完成式には、複製作業を支えた市民サポーターら約15人が出席。同所理事で脚本家の渡辺千明さんは「小津さんは日記に『夜 仕事大いにすゝむ』と書いてある。シナリオ作りの一端が垣間見られる」とし、映画史に残る貴重な資料だと紹介した。

 日記に書かれた文章は小津監督や野田が目を通すことから「みんな面白いことを書こうとしている」と同所の山内美智子代表理事(65)。「複製が完成してうれしい。貴重な資料を多くの人に手に取って見てほしい」と話した。

 同所で自由に読むことができる。開館は10月下旬ごろまでの予定で原則火、水曜休館。開館日はホームページで確認してほしいとしている。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク