全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。丸地の支援で実施された瓜郷遺跡(豊橋市)の調査など、大正から昭和まで郷土史研究に心血を注いだ活動をたどっている。入場無料。11月8日まで。

 丸地は新聞記者を経て、市議、市収入役、県議をそれぞれ務めた。大正時代に豊橋郷土史友会を立ち上げて地域史について発信した。市収入役時代には1947~52年の間、瓜郷遺跡の発掘調査を支援、調査は東京大や明治大、愛知大などからの研究者により実施された。遺跡は53年に国指定史跡になった。

 展示では、記者時代の1924年にスクープした、小坂井村(現豊川市)で発掘された伊奈銅鐸の記事や、郷土史の同志たちとの交流を写真で紹介するほか、45~54年には瓜郷遺跡調査が呼び水となって、豊橋市の大蚊里貝塚、豊川市欠山遺跡、田原市の吉胡貝塚など縄文、弥生、古墳時代の調査が繰り広げられたことをパネルで説明している。ほかにも各活動時に丸地が詠んだ短歌4首も取り上げている。  さらに、瓜郷遺跡で発掘された土器類のほか、出土品や関連書物、明治大学の後藤守一教授(故人)が設計した縮尺5分の1の復元家屋模型も見ることができる。  10月11日には、文化財センターの岩原剛所長による講座が午前10時と午後2時に開かれる。定員は各30人。申し込みは30日まで。問い合わせは市文化財センター(0532・56・6060)へ。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク