全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

暗渠の出口(下流側)付近の様子=冷水喜久夫さん提供

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。

 17日の県議会一般質問で、秋月史成議員(自民、西牟婁郡)が「近世における土木技術の高さを物語る貴重な史跡だ。県文化財に指定しては」と質問。県教委の宮﨑泉教育長は「岩をくりぬいた暗渠を持つ近世の用水路は珍しく、県内で数例しか確認されていない。施工方法からは土木技術の高さがうかがえ、貴重」と述べ、地元や町教委と調査を進めたいと答えた。
 県文化財指定には、県教委が有識者でつくる審議会に諮問し、答申を受ける手続きがある。
 安居暗渠は、日置川沿いの山の岩盤を約270メートル掘り抜いて造った地下水路。上流側に800メートルの自然の導水路、下流側には約1・5キロの水路がある。文化2(1805)年に完成した。
 造ったのは、安居村(現在の白浜町安居)の庄屋・鈴木七右衛門重秋。祖父の遺志を受け継いだ事業で、6年の歳月と私財を費やした。暗渠は200年以上使われ続けたが、2011年9月の紀伊半島大水害で一部が損壊した。
 秋月議員は「鈴木の功績についても、ふるさと教育として活用できないか」とも質問した。宮﨑教育長は「鈴木のように地域の発展に生涯を尽くした先人の功績を取り上げ、児童・生徒が自ら調べるなどの学習に取り組むことは大切だと考える」と答えた。
 安居暗渠と水路、それに三須和神社(白浜町安居)にある暗渠碑は町指定文化財(史跡)になっている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク