全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

暗渠の出口(下流側)付近の様子=冷水喜久夫さん提供

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。

 17日の県議会一般質問で、秋月史成議員(自民、西牟婁郡)が「近世における土木技術の高さを物語る貴重な史跡だ。県文化財に指定しては」と質問。県教委の宮﨑泉教育長は「岩をくりぬいた暗渠を持つ近世の用水路は珍しく、県内で数例しか確認されていない。施工方法からは土木技術の高さがうかがえ、貴重」と述べ、地元や町教委と調査を進めたいと答えた。
 県文化財指定には、県教委が有識者でつくる審議会に諮問し、答申を受ける手続きがある。
 安居暗渠は、日置川沿いの山の岩盤を約270メートル掘り抜いて造った地下水路。上流側に800メートルの自然の導水路、下流側には約1・5キロの水路がある。文化2(1805)年に完成した。
 造ったのは、安居村(現在の白浜町安居)の庄屋・鈴木七右衛門重秋。祖父の遺志を受け継いだ事業で、6年の歳月と私財を費やした。暗渠は200年以上使われ続けたが、2011年9月の紀伊半島大水害で一部が損壊した。
 秋月議員は「鈴木の功績についても、ふるさと教育として活用できないか」とも質問した。宮﨑教育長は「鈴木のように地域の発展に生涯を尽くした先人の功績を取り上げ、児童・生徒が自ら調べるなどの学習に取り組むことは大切だと考える」と答えた。
 安居暗渠と水路、それに三須和神社(白浜町安居)にある暗渠碑は町指定文化財(史跡)になっている。

関連記事

荘内日報社

看護職の魅力知って 地元高校生対象に現場体験

 看護職を目指す地元の高校生を対象に、県庄内保健所が主催する看護師体験セミナーが23日、鶴岡市立荘内病院で開かれ、座学と実技講習で看護師の仕事に理解を深めた。27日には酒田市の日本海総合病院でも同セミ...

紀伊民報社

グリーンツーリズム拠点に 上富田で農家レストラン開業

 和歌山県上富田町市ノ瀬に今月、農家イタリアン「sorriso(ソリッソ)」がオープンした。オーナーシェフの田上太輝さん(34)が自ら育てた野菜や果実を使った料理を提供するだけでなく、栽培や収穫...

本別高発 豆スイーツ パンナコッタ給食採用

 本別高校(近藤浩文校長、生徒92人)の1年生が考案した「本別町の豆を使ったスイーツ」の発表会が20日、同校体育館で開かれた。発表したうち、町産の甘納豆や豆腐などを使ったパンナコッタが学校給食で提...

宇部日報社

コキア〝地上〟で紅葉

 山陽小野田市埴生の季節体験農場「花の海」で、爽やかな緑色が目を楽しませてくれていたコキアが紅葉し、一味違った表情が訪れた人の興味をかき立てている。    ヒユ科の一年草で、草丈80㌢にまで成長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク